あの漫画のここが気になる!!!

漫画・アニメの感想や考察など色々書くカオスブログ

迷家-マヨイガ-第四話のヴァルカナと美影【第一印象だけじゃわからない】

time 2016/04/26

迷家-マヨイガ-第四話のヴァルカナと美影【第一印象だけじゃわからない】

 

『迷家-マヨイガ-』第四話のヴァルカナと美影の会話のこと。
あと、これまでのEDを観ていて思ったことです。

 

以下、第四話のネタバレがあるので注意してください。

 

スポンサーリンク

ハニートラップ

夜、美影がヴァルカナに声を掛けます。

よっつんが自分達の中の誰かに殺されたかもしれない。
このツアーは怪しすぎると、美影は話し出します。

 

美影は「俺はこはるんが怪しいと思っている」と言う。
それに対してヴァルカナは、「あの女は村を探し当てたことを喜んでいるだけだろう」と言い、裏があるとは思えないと返す。

 

美影はヴァルカナの言葉を鼻で笑って、「結局はあんたも、ハニートラップに引っ掛かった三下ってオチか」と言う。

 

ここで、美影が言ったハニートラップとは。

英語で直訳すると「密の罠」や「甘い落とし穴」
女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔する

引用元:Wikipedia

 

いわゆる色仕掛けのようなものですか。

『ハニートラップ(女性の色仕掛け)に引っ掛かった三下』
こはるんは裏があるとは思えない、と庇うような発言をしたヴァルカナを皮肉って言ったものですね。

 

この時の美影の「あんたも」という言葉は、光宗と同様にってことでしょう。
光宗が真咲を庇っていたのと同じようにという意味で。

 

 

ヴァルカナがこはるんに対してどう思っているか、まだハッキリとはわかりませんが。
初対面の時よりは距離が近くなった、こはるんのことが信用できるようになった印象があります。

 

三話のこはるんが言った「やっぱり、一人が嫌なんだ?」という指摘。
ヴァルカナは怒り、こはるんの胸ぐらを掴み掛かるんですが、あれは図星を指されたからという感じがします。

 

そういえば、光宗も一話で真咲に「光宗って名前、あなたに似合ってる」と、言われて涙を流していました。
自分の内面を見てくれた、本当の自分をわかってくれるんじゃないか。
そう思った光宗は真咲を意識し、彼女を庇うようになります。

 

ヴァルカナもあのやり取り以降こはるんに対して、多少そんな気持ちを抱いたのかも。

……あれ?
色仕掛けとは違うけど、ある意味甘い罠に引っ掛かったってことになるのか?

ところで、こはるんの方がヴァルカナより一つ上だったんですね。
意外だった。

 

スポンサーリンク

違った一面を見せる彼ら

四話では、納鳴村に残る組と下山する組とで分かれます。
このそれぞれの組で、メンバーを引っ張るリーダーのような立場になるのが、ヴァルカナと美影です。

 

最初の一話と二話を見返してみると、この二人かなり『嫌なやつ』として出てきます。

ヴァルカナは自己紹介の時点からやたら怒鳴り散らし、横暴な態度でよくキレていました。
さらに二話で、全員分の財布を渡された運転手に対して、「この金でしばらくはラーメンに煮卵入れ放題だ」と、嫌味を吐いたり。

 

美影は第一印象から頭は切れるが、鼻に付くエリートマンという感じ。
二話で動かなくなったバスと責任問題の場面で、金を運転手にくれてやればいいと持ち出します。
冷たく金で解決させ、運転手に納鳴村のこともこれで口止めさせようという。

 

二人とも最初の時点では、メンバー達から「嫌な感じの人」という印象を持たれていました。

そんな二人が四話、よっつんの川流れと何か(獣)の存在が判明して以降、これからどうするかとなった時。
それぞれが意見を出して、みんなを引っ張っていきます。

 

これまでの一面と打って変わって、頼りになる存在として映るのが面白いです。
それぞれの判断が正しいかはわからないですけど、集団の中で統率する人物は必要なので、二人の存在は大きいと思いますね。

 

 

あと、これまでのEDを観ていて思ったことです。

EDに出てくる何名かのキャラの表情が気になる。

本編でそのキャラに対して抱くイメージと違う、意外な表情をしているというところです。
本編通りの表情で出てくるキャラもいますが。
「あれ、こんな顔するんだ?」みたいな感想をもってしまうキャラが出てきます。

 

例えば、川流れしたよっつん。
EDで出てきた時のよっつんの表情が、すごい真面目な顔してるんですね。

ラッパーでチャラいノリで、真咲を狙ってゲスいこと言って、消える前はかなり嫌なキャラになっていたよっつん。
まあ、しょうがないw
そのよっつんが、意外にも真面目な顔でED最後に映る。

 

ヴァルカナも普段のキレて怒鳴っている顔とは違う、落ち着いた表情でEDに出てきます。

 

今回の四話のED。

これまた意外な表情で出てきたのが、美影とソイラテ。
二人ともこんな表情するんですね。
本編ではあまりしないような表情。

 

ふと思ったのが、これらの表情ってその人物が普段見せない本当の顔なのかと思ってしまった。
そうなると…実は真面目なキャラだったのか、よっつん?

 

このEDでいつも3人ずつ出てくるんですが。

全12話あるとして、3人×12話=36人出てくることになる。
ツアー参加者全員に運転手も入れて31人。
残りの5人は誰が出てくるのか。

EDに2回目の登場をするキャラがいるのか、まったく予想しなかったツアー外の人物が出てくるのか。
どうなるんだろう。

スポンサーリンク


亜人の記事一覧

アニメ「3月のライオン」の感想まとめ

月別

  • 2017
  • 2016
  • 2015