あの漫画のここが気になる!!!

漫画・アニメの感想や考察など色々書くカオスブログ

3月のライオン3巻のネタバレ感想【レベル違いの強さ、獅子王戦を勝ち進むのは?】

time 2016/08/18

3月のライオン3巻のネタバレ感想【レベル違いの強さ、獅子王戦を勝ち進むのは?】

(羽海野チカ『3月のライオン』3巻)

 

くろやんです。

前回から引き続き、『3月のライオン』3巻のあらすじや感想、見どころを紹介していこうと思います。

前回2巻のネタバレ感想はこちら。
3月のライオン2巻のネタバレ感想【惑わせ毒をはらむ香子の言葉と獣の咆哮】

 

3巻は獅子王戦の対局がメインとなっていきます。

 

以下、3巻のネタバレを含みます。

 

スポンサーリンク

家族のぬくもり

2巻最後で年内の対局をすべて終えた零ですが。
そのあとに、ひどい熱を出して寝込んでしまいます。

 

12月31日。
突然アポもなく、心配した川本三姉妹が零の部屋にやって来ます。
零は病院へ連れて行かれ、医者に看てもらって『ただの風邪』ということがわかり…そのまま川本家にお世話になることに。

 

三姉妹から手厚い看病を受ける零。
姉妹それぞれにお粥を作って貰って、おでこの汗を拭いて貰って、冷えピタを貼って貰うって手厚すぎ!

 

そして、夜になり年越しの時間になります。
皆コタツに入ってぬくぬくしながら、うたた寝しています。
零と川本家(三姉妹とおじいちゃん)と猫たちと。

 

3lion3-1

(羽海野チカ『3月のライオン』3巻)

 

ほのぼの~
大晦日の夜って感じ。
この紅白見ながらダラーンとする空気がいいですね。

 

皆寝てしまって、零とあかりさんが話をします。
「前はもっとすごかったの。今よりあと三人多かったから」

そう話すあかりさんの言葉には、亡くなったお母さんとおばあちゃん。
そして、今この家に居ないお父さんのことが含まれていました。

 

大晦日に上がり込んでお世話になってしまって…と謝る零に、あかりさんが言った言葉が何とも切ない。
「あなたがいてくれなかったら、私きっと今ここで一人っきりで、これ片付けながら泣いちゃってたわ」

 

零とあかり、二人でちょっと涙ぐみながら、除夜の鐘が鳴り始めて年が明けていきます。

 

翌日の元旦。
零は川本家でお正月を過ごすことになります。

年賀状が届いて、美咲おばさんがやって来て、お年玉を貰って、皆でおせちを食べて…いや~お正月の光景ですねぇ。

 

さて、まったり過ごしたあとは夜になりまして。
ここで川本家の信じられない事実が発覚!

あかりさんが「ひな、モモをお風呂に入れてくれる?というわけで、桐山君。ここ使うから2階に上がってくれる?」と言います。
ここを使う?

 

3lion3-2

(羽海野チカ『3月のライオン』3巻)

 

何ですって!?
居間の窓を開けたら、いきなりお風呂ってどういうことなの。
昔は銭湯に行ってたらしく、あとで庭に増築したものらしい。
まるで、劇的ビフォーアフターに出てくるお宅のよう…。

 

「ごめんねーれいちゃん」と、ひな。
「れーちゃん、見ないでねー」と、モモ。
そして、慌てて2階に上がっていく零。

 

予想外の衝撃と家族の温かさを感じながら零は眠りにつき、川本家で3日まで過ごすことになりました。

 

闘争心を燃やして

ほのぼの川本家の年末年始の話が終わったあとは、将棋の対局の話になります。
今回、3巻の主となる戦いは「獅子王戦挑戦者決定トーナメント」

 

前年までの成績によって6組に分けられトーナメントが行われ、各クラスの上位者が本戦リーグに参加できる。

獅子王戦は日本最大の新聞社主催で、ほかの棋戦に比べて規模が大きく世間からの注目度が高いらしい。
おまけに賞金総額も高い!
地位、名誉、お金と獲得できるため棋士の志気も上がるそうです。

 

零の対戦相手は辻井武史九段。
さすがA級九段。
対局中に零も「つえーっ」と、心の中で叫ぶほど。
しかも、将棋以外の攻撃力も発揮しているという…ね。

 

3lion3-3

(羽海野チカ『3月のライオン』3巻)

 

どうにかこうにか勝利を納めた零。
次に戦う相手は島田八段。

そして、同じく勝ち進んだ零の先輩棋士にあたるスミスの次の対戦相手。
これが後藤九段でした。
後藤と言えばそう。
2巻で零の義姉の香子が好きと言っていた男。

 

後藤も零と同じくプロ棋士でした。
しかもA級九段。
零からすればレベル違いの強さを持っている男です。

 

ちょうど将棋会館でバッタリ顔を合わせた零と後藤。
以前、零は香子のことで後藤と揉めて、彼に叩きのめされたことがありました。

 

3lion3-4

(羽海野チカ『3月のライオン』3巻)

 

顔がいかつい後藤。
3巻で何かと顔が恐いとよく言われています。
確かに!

そして、後藤は零に香子の話をします。
「あのストーカー女の事だけどさぁ、早くやめさせるようにって。迷惑してんだよね、俺」

 

これは零に対しての挑発でした。
実は妻帯者だった後藤(しかも奥さんは入院中で、香子が一方的に後藤に好意を寄せているらしい)

しかし、『香子が本気で後藤のことが好き』ということを零は知っていました。

 

後藤に殴りかかろうとする零に、とっさに止める先輩棋士スミス。
会長が現れたおかげで、その場は何とかガチンコ殴り合いにならずに済みます。

 

香子の事もあり、零は後藤への闘争心を燃やします。
川本家に訪れた際にも、自分の決意を表明して「頑張ります」と誓った零。
島田八段に勝ったあとは、因縁の後藤と戦う。

 

そう自分の中で想像していた零ですが、トーナメントの行方は思わぬ展開になっていきます。

 

スポンサーリンク

A級棋士の戦い

零と島田の対局の前に、スミスと後藤の対局がありました。
「軽く」「広く」が持ち味のスミスと、「重く」「堅い」が持ち味の後藤。
後藤の守りの強さと重い一撃によって、スミスは完敗します。

 

そして、対局のあと。
後藤はスミスの動きについて、冷静に感想を述べます。
しかも妙に男気ある表情と言葉。
(後藤、ただ顔が恐いだけじゃなかった!)

 

 

後藤が勝ち進み、次に零と島田の対局になります。
零は島田八段との対局は初めてでした。
対戦前に、「勝つ将棋というより、負けない将棋を指す人だ。こういうタイプの人との対局は長くなるな。苦手だ…」と思う零。

 

島田との対局が始まり、零は攻めていたはずが、いつの間にか守りになっていることに気付きます。
この対局に勝ち、その先にある後藤との戦いを思い描いていた零ですが…。

島田のレベルを読み間違えてしまい、窮地に立たされます。

 

3lion3-5

(羽海野チカ『3月のライオン』3巻)

 

目の前の相手をナメてかかっていたことに恥ずかしさを感じる零。
逃げたい、消えたい。
そう思いながらも、零は最後まで指し続けました。
結果、挽回はできずに完敗。

 

零は本命の後藤と戦う前に、島田に敗れてしまいます。

 

対局後、猛烈に落ち込む零。
数日飲まず食わずで眠り続けたため、脱水症状にまでなってしまう。
(落ち込み方がハンパない!)

 

 

どうにか回復した零は学校に行くことにします。
どんより落ち込んでいた零に、教師の林田先生が声を掛けます。

零の対戦相手だった島田のことを「努力を絵に描いたような人だ」と話す林田。
そして、零に『島田八段の研究会に入ってみたら?』とアドバイスをしてくれます。

 

同じ頃、島田も弟弟子にあたる二海堂と「桐山を研究会に誘うか?」という話をしていました。
島田も対局以来、零に対してどこか興味を覚えたよう。

 

 

その後、島田と後藤の対局が始まります。
獅子王戦挑戦者決定トーナメント決勝戦は3番勝負。

初日、ガチンコの殴り合いのような戦いの勝者は後藤でした。
互いに貫禄ある戦いを見せるA級棋士二人。

 

3lion3-6

(羽海野チカ『3月のライオン』3巻)

 

二回戦目。
これまたガチンコの戦い!
前回より力まかせの大人げない戦い!

そうして、後輩棋士たちが不安げに見守る中、最後に対局室からフラフラになった島田が出てきて「勝ったぜ」と告げる。
なりふり構っていないw

 

 

最後の三回戦。
互いに1勝1敗、もう負けるわけにはいかない。
島田と後藤の勝負の行方は…?

 

零が将棋会館に着いたとき、対局は終わったところでした。
対局室には戦いを終えたばかりの島田と、彼の様子を見に来た二海堂がいました。
勝ったのは島田八段でした。

 

全力で戦って勝利を得た島田の姿を見て、何かを感じて胸を打たれた零。
そして、島田も零の姿を見つけて「よぉ、桐山」と声を掛けます。
次に二人が口を開いて出た言葉は、偶然にも同じものでした。

 

3lion3-7

(羽海野チカ『3月のライオン』3巻)

 

こうして3巻の最後で、零は島田八段の研究会に入ることになります。

 

まとめ

この巻では、獅子王戦の挑戦者決定トーナメントがアツいですね。
主人公である零以外の棋士たちの戦いも見どころです。
このトーナメントに勝ち進んだ者は、宗谷名人と戦えるということです。
それにしても、獅子王戦って名前やたらカッコいい。

 

3巻から登場する島田と後藤。
どちらもA級棋士で実力も貫禄もありまくり。
後藤なんて顔がいかつくて恐くて、とても将棋を指す人に見えないw
しかし読み進めてみると、後藤もとても味のある人物だということが分かります。

 

 

そして、零を負かした島田。
背が高く痩せて地味な印象ですが、彼がいいキャラなんですよね。

将棋に対して地道に努力を重ねていく姿勢も好感が持てるし、故郷を想うところも人間性が出ています。
おまけに、胃痛持ちで髪の毛の具合がアレなところも。
どこか身近に感じることのできる人物で好きですねぇ。

 

 

この巻でも印象的だった台詞や心理描写。

落ち込んでいた零に、林田先生が「落ち込んでる時に冷たいモノ食ってるヤツがあるか!命取りになるぞ!あったかいモノをとれ」って、細かい台詞ですけど良いんですよね。
確かにそうだなぁと感じてしまう。

 

最後、決勝戦で後藤に勝ったあとの島田の様子もリアル。
「対局直後は、勝ったほうが激しく消耗している場合が多いのだ。それこそ、声もうまく出せない程に」
現実の将棋の戦いでもそうなんでしょうか。
こういう細かい描写がリアリティあるんですよね。

 

 

巻末の羽海野先生のあとがきが面白い。
漫画家さんも自分の作品に対する読者の反応が気になるんですね。
先生曰くネガティブエンジンも、方向を自分で見極めて解き放つことができれば味方になるらしい。
そうだよなぁ、妙に納得してしまった。

続きはこちら。
3月のライオン4巻のネタバレ感想【故郷への想いを胸に獅子王へ挑む】

 

 

スポンサーリンク


亜人の記事一覧

アニメ「3月のライオン」の感想まとめ

月別

  • 2017
  • 2016
  • 2015