あの漫画のここが気になる!!!

漫画・アニメの感想や考察など色々書くカオスブログ

アニメ『いぬやしき』の感想メモ

time 2017/10/23

アニメ『いぬやしき』の感想メモ

(イブニング 2017年21号)

 

「俺が悪役で…じじいがヒーローか…」

まさかこの台詞がアニメのキャッチコピーとなるとは。
この台詞、私好きですよ。
主人公が58歳(おじいちゃんに見える)老けたヒーローで、悪役がイケメン高校生って構図、ホント斬新で良いと思う。

 

TVアニメ「いぬやしき」本予告PV

 

ただいま放送中のアニメいぬやしき。
ちょうど2話の『獅子神皓』まで観ました。
なかなか原作に忠実!
というか、動きがつくことで尚リアルになった。
特に2巻11話のあのシーンは…浴室の子どもの描写は生々しい。
すごいな、よくぼかさず忠実に放送したなぁ。

 

正直…犬屋敷さん・皓ともに声は合ってないような気がしますが、段々聞き慣れてきたというか。
うん、慣れますね(;´∀`)
そして、かなりストーリーが進むペースが早いんですね。
淡々と進んでいくから、原作以上に無機質な印象は感じます。

 

もともと原作も映像的(絵で魅せる漫画)な感じはしますから、ペースは早くても気にならないです。
原作の終わり10巻までアニメでやるとしたら、これぐらいのペースでいかないと終わらないですね。

 

OPはMAN WITH A MISSIONの『My Hero』
ロックでハードな曲、いぬやしきに合ってますね。
OPの映像も独特で無機質な感じがピッタリ。
英語はわからないですけど、たぶんヒーロー(犬屋敷さん)を謳った曲なんでしょうね。
狼の被り物、インパクトある!!

 

EDはクアイフの『愛を教えてくれた君へ』
OPと対照的に、こちらは情緒的な曲。
初めて聴いたとき、「いぬやしきの雰囲気に合ってない?」と思ったんですが、逆に無機質な作品からの人間らしさや情動を感じるというか…。
上手く言葉に出来ない…。

 

まったく対照的なOPとEDですけど、却ってこれが作品の特徴を表しているような気がします。
ハードで無機質な中にある、人間としての感情(愛情)みたいな。
思いつくままに書いたメモなので、またアニメを観終わったら修正しようと思います。

 

スポンサーリンク


down

コメントする



亜人の記事一覧

アニメ「3月のライオン」の感想まとめ

月別

  • 2017
  • 2016
  • 2015