あの漫画のここが気になる!!!

漫画・アニメの感想や考察など色々書くカオスブログ

アニメいぬやしき『My Hero』と『愛を教えてくれた君へ』の感想【特集記事のことも】

time 2017/11/12

アニメいぬやしき『My Hero』と『愛を教えてくれた君へ』の感想【特集記事のことも】

愛を教えてくれた君へ【期間生産限定盤】

 

どうも、くろやんです。
アニメいぬやしきのOPテーマ、MAN WITH A MISSIONの『My Hero』の動画を何度も観ています。
フルバージョンが公開されていて嬉しいですね!
INUYASHIKI!My Hero!

 

MAN WITH A MISSION – My Hero

 

えらく庶民的なアメコミヒーローが登場してきて、「何で舞台が海外なんだろ」と思いましたが、歌詞が英語だし洋楽っぽいからこれはこれで合ってるね。
ポリスが近付いてきた時は、まさかのヒーローが職質!?と思いましたが、そんなことはなかった。

 

サビの終わりはテンション上がりますね。
バックのオーケストラも良いし、何回も聴きたくなってきます。
YouTubeのコメントも海外コメが多い。
なかなか当たりだったんじゃないかな、この曲とアニメのOP映像は。

 

スポンサーリンク

 

そして、EDテーマのクアイフの『愛を教えてくれた君へ』
こちらはフルバージョンじゃなくて、ショートバージョン。
フルが聴きたかったけど、ショートでも十分曲の良さが伝わってきた。

 

クアイフ 『愛を教えてくれた君へ』Music Video(Short ver.)(フジテレビ”ノイタミナ”TVアニメ「いぬやしき」エンディング・テーマ)

 

始まりのピアノの旋律が幻想的で惹きつけられる。
ハードロックなOPと対照的だなぁと思います。

そして歌詞を聴いていると、これは獅子神皓から渡辺しおんへの言葉のように感じますね。
タイトルからして、やっぱりそういう意味が込められているのかな。

 

というかラストの展開を考えると、犬屋敷さんや皓から大切な人達へ向けてのメッセージのように思えて…( ;∀;)
曲聴くたびに、こう…胸が締め付けられる切なさと愛おしさを感じます。
これは歌詞や歌声ともに心に響くよ…!

 

OPもEDも、なかなか当たりだったんじゃないでしょうか。
かなりストーリーが進むペースは早いけど、原作に忠実でラストの展開がどう映像化されるのか楽しみ。

 

 

あと、最近コミックナタリーのアニメ「いぬやしき」特集記事を読みました。
原作者の奥浩哉先生と、アニメの総監督を務めるさとうけいいち監督の対談です。

アニメ「いぬやしき」特集、奥浩哉×さとうけいいち

 

これが結構、濃い内容を話していて面白いです。
いぬやしきの制作裏側や、主人公の二人についても奥先生、さとう監督が詳しく語られています。

 

最初、奥先生は「いぬやしきは主役がおじいちゃんなので、コミックスも売れないだろうし、アニメ化や映画化はないだろう」と思っていたんだとか。
そんなことないのに!
こういう作品すごく読みたいです!
まさかの58歳の冴えないおじいちゃんが主人公って、設定が斬新だし犬屋敷さんに共感できる層も多いと思う。

 

 

そういえば、前に皓についての考察を書いたことがありますが。
その時に『犬屋敷さんと皓、二人の行動の違い』について考えてみました。

獅子神皓がよく言っていた言葉【皓の内面を考えてみた】

年齢による人生経験の違い、もともとの性格も大きく関係しているんじゃないかと考えました。

 

今回の対談でも、奥先生が【作中の善悪について、どのような感覚で描いていたのか?】という質問に答えていました。

同じ事故に巻き込まれて、機械の身体になってしまった2人が、“もともと持っていた素養”のせいで正義と悪に分かれてしまうという設定にしたかったので。

 

もともと持っていた素養
なるほど。

さらに、この後さとう監督が「皓があっち側に行ったのは、若さのせいもあるんじゃないか」と語っているんですね。
そうだよなぁ、きっとそんなのも関係してるんだろうなぁ。
この対談の記事、面白いのでまだ読んでいない方はぜひどうぞ。

スポンサーリンク


down

コメントする



亜人の記事一覧

アニメ「3月のライオン」の感想まとめ

月別

  • 2017
  • 2016
  • 2015