亜人55.5話のネタバレ感想【戦闘中でも服の心配大事】

ga2018-2

(good!アフタヌーン 2018年2号)

 

2018年ですね。
今年はじめのgood!アフタヌーンです。
どうも、くろやんです。

 

亜人本誌のネタバレ感想を紹介します。
前回55話はこちらです。
亜人55話のネタバレ感想【マジっぽい12人は頑張った】

 

さて、今回の話は55.5話です。
5が綺麗に並んでいますね。
わぁ、ゾロ目だよ!
55.5!GOGOGO!

 

最近、小数点の話が多い。
じわりじわりと話が進んでいます。

 

FILE:55.5 楽園②

以下、12巻のネタバレを含みます。

 

スポンサーリンク

まだ生きている

地下へ落下後の佐藤。
相変わらず絶賛戦闘中!
自衛官らとの激しい銃撃戦を繰り広げていた。

 

攻撃したのち、壁の死角へと隠れた佐藤。
さすがの佐藤も疲れた様子。
すると、盾(シールド)を構えた自衛官らが、「押しつぶせ!」と佐藤を壁際へと押しつぶそうとしていた。

 

何人もの自衛官らによって壁へ追いやられた佐藤。
自衛官の一人がナイフで佐藤を攻撃しようとするが…。
ここで佐藤、身に付けていた手榴弾を一気に爆破させた!

 

また自爆した!
佐藤さん、爆発好きね。
こんなにボンボン自爆できる亜人、佐藤さんぐらいだと思う。

 

 

階段下で待機していた自衛官らの前に、何かがドサッと落下してくる。
自爆して、上半身のみとなった佐藤が落ちてきた。
か、下半身が無い!
身体ほとんど失ってますがな。

 

おぅ…さすがにこれはもう死んでる…と思ったら、なんと動いた!!
佐藤が右手に握っていた銃で発砲してきた!
「まだ生きてるぞ!」
近くにいた自衛官が応戦する。

 

先ほど佐藤が自爆した場所で生き残った自衛官らも上から加わり、上半身のみとなった佐藤目掛けて攻撃する。
集中砲火を浴び、とうとう動かなくなった佐藤。

 

ひゃー

復活しない佐藤を見て、「…死んだ、だと?」と動揺する自衛官ら。
不審がる自衛官二名の背後で。
自爆した佐藤の残りの身体(下半身の方)が…腰から上の部分が再生しつつ、首が無い状態で近付いて来た。

 

ぎゃー( ゚Д゚)
軽くホラーだよ!
後ろから怪人が迫ってくるみたいで、なんか洋画で出てきそうなシーン!
でも、この再生コマなんか良いね。
ゾクッとくるよ。

 

復活した佐藤、二人の自衛官を背後から攻撃する。
後ろから体当たり。
そのまま佐藤は自衛官二人と共に、自爆したときに壁にできた大穴から下へと落下。

 

アクションは派手に動かないとね。
下で待ち構えていた自衛官らを、佐藤は奪った銃で一気に片づける。
やはり、一人でも佐藤は強い。

 

さらに増援によって人数を増やす自衛官たち。
上から佐藤を集中砲火しようとしているよう。
次々に増える自衛官を見て、「ひゃー」と呟く佐藤。

 

上から佐藤を包囲し、銃を構える自衛官ら。
落ちていた盾(シールド)を拾い、銃と盾を構える佐藤。
「撃てぇ!」と自衛官の一人が合図する。

 

迎え撃つ準備は出来ているが。
「服くらい着させて」
と、佐藤らしい緊張感のない台詞。

 

復活したあと、上半身が裸だった。
戦闘中でも恥じらう気持ちは忘れずに。

 

まとめ

今回わかったこと。
「あ、上半身裸だから服を着なきゃ」という恥じらう気持ちが、ちゃんと佐藤さんにもあった。
これ大事。

 

そういえば、フォージ安全のとき転送した後もすぐ服着てましたもんね。
復活したと言っても、服までは再生されないですし。
転送のときは服着てないとアレだったからね。

 

クレイジーMANな佐藤さんですけど、そこらへんのマナーというか社会性はしっかりしてる。
うん、これ大事だ。

 

あと、再生しつつ背後から迫り来る首無し佐藤のコマ、めっちゃ好きですわ。
まさに不死身の首無し兵。
洋画で出てくる怪人とかデュラハンっぽいイメージ。
こういう不気味さも亜人の魅力ですね。

 

というか、今回55.5!
0.5!
レイテンゴオォォ!
短い…。

しかも、次回はお休みみたいです。
(´・ω・`)
3月まで待ちます。
待ちまする。

 

今回の見どころ。
背後から迫る首無し佐藤の不気味さと、「ひゃー」「服くらい着させて」の緊張感ないゆるい台詞。
そのギャップ!