あの漫画のここが気になる!!!

漫画・アニメの感想や考察など色々書くカオスブログ

亜人中村慎也事件とは【今の慎也は慎也じゃないのか?】

time 2016/01/18

亜人中村慎也事件とは【今の慎也は慎也じゃないのか?】

(桜井画門『亜人』2巻186p)

 

くろやんです。

 

今回は中村慎也事件について。
この話はタイトルの数字が『FILE:0』となって、1巻が始まる前の過去の話となります。

亜人管理委員会が恐れる“フラッド現象”が確認された中村慎也事件。

あらすじを紹介します。

 

以下、2巻の内容ネタバレあるので注意してください。

 

スポンサーリンク

中村慎也

雨の降る夜、大学生の中村慎也はバイク事故を起こしてしまう。

意識を取り戻した慎也の目の前には、倒れたバイクとヘルメット、切断された自分の右腕があった。
そして、慎也の身体には新しい右腕が再生されていく。

中村慎也はこの時、自分が亜人だと気付いた。

 

「いや待て…落ち着け…」と、自分に言い聞かせる慎也。
この事故は幸いにも誰も目撃者がいなかった。

そこで慎也は、バイクを不法投棄に見えるように捨て、切断されて残った自分の右腕は持ち帰ることにした。

 

 

すれ違う人間に多少不審がられはしたが、慎也は何とか自宅に帰って来た。
ネットで亜人についての情報を調べ、捕まったらどうなってしまうか、人体実験を受ける自分の姿を想像して動揺する。

 

その時、友達の裕介がやって来た。
普段通りに会話していたはずが、突然涙を流してしまう慎也。

心配した裕介はポケットティッシュを渡し、何かあったのかと尋ねる。
慎也は、自分が亜人だったことを裕介に言うべきか迷うが、結局言えずにこの日は裕介を帰すことに。

 

夜、一人思い悩む慎也。
自分がこれまで通りの生活をして生きていくには、どうしたらいいか。

慎也は、持ち帰った決定的証拠の右腕を明日処分することにした。
これさえ見つからなければ、自分は人間のままだと慎也は考える。

 

 

翌日、慎也は自分の右腕を処分するため外出。

右腕を鞄に隠し、横断歩道で信号を待つ慎也。
横断歩道の向こう側、同じように信号を待つ人々のなか、突然黒い幽霊がこちらに向かって歩いてくる。

 

幻覚かと思ったが、目の前で止まった黒い幽霊の姿に、慎也は取り乱してその場から走り出してしまう。

その時、横から来た車に慎也は轢かれそうになる。

もし、この場で死んで生き返ったら、大勢の目の前で亜人だとバレてしまう。

だが、誰かが腕を引っ張り助けてくれる。
助けてくれたのは、裕介だった。

 

「慎也、逃げろ」

人込みから離れて高架下に来た、慎也と裕介。
いつもと違う慎也の様子に、「病院…いや。その前に、おじさんおばさんに…」と裕介は心配する。

このままでは自分の心がもたないと思う慎也。

 

裕介なら味方になってくれるかもしれない。
もし、味方になってくれなくても「コイツになら…売られてもいいかな…」と思った慎也は、自分が亜人だと話す決心をする。

 

 

そこにスーツを来た男達がやって来る。

亜人管理委員会・木戸という男は慎也を見て、「その顔まちがいねぇ。お前だな?」と言う。

 

証拠の右腕は自分が持っているのに、なぜ亜人だとバレたのか。
木戸は部下にある物を持って来るよう命じる。

それは、事故現場に転がっていた慎也のバイクのヘルメットだった。

慎也はようやく気付く、あの激しい事故で顔が無傷なはずがないと。

 

フルフェイスのヘルメットのシールド部分を上げると…。
中には慎也の頭部が入っていた。

 

自分の頭部を見て、叫び声を上げる慎也。
あの事故で慎也の頭は生え変わっていたのだった。

 

「俺はとっくに、俺ですらなかったんだ…」と慎也は涙を流して自嘲する。

 

木戸が慎也へと銃を構え、発砲する。
だが、裕介が慎也をかばい、代わりに撃たれてしまう。

倒れる裕介の身体を支える慎也。
息を引き取る前に裕介は「に……ろ…」と、何か言葉を言い残す。

 

裕介の足から黒い物質が立ち上り、人型の幽霊のような形になる。
そして黒い幽霊は、「しん…や……にげろ」と、言葉を残して消えていく。

 

木戸が再び発砲し、慎也も撃たれてしまう。
慎也を殺害した木戸は、「再生が始まるまでに拘束しろ」と部下に命じるが…。

その時、突然黒い幽霊が現れ、木戸の部下を攻撃。
「中村慎也は特別な亜人なのか!?この発見は大きな功績」と、恐怖しながらも喜ぶ木戸。

さらに何体もの幽霊が出現し、木戸と部下達を一人残らず殺害していく。

 

 

再生し、生き返った慎也。
動かなくなった裕介を見て、「すまない…でも…お前のおかげで…」と心の中で呟く。

裕介の身体の近くで、黒い幽霊の欠片が残っていた。
それは「にげ…ろ……しんや…」と、言葉を残して消えていった。

慎也は「ああ、わかった」と答え、その場から去ることに。

 

 

その後、顔を隠すためフードを被り、街を歩く慎也の姿があった。
手元にある新聞には、高架下での殺人の記事があるが、そこに慎也の顔も名前も出ていない。

 

結局、亜人とは何なのか。
他の亜人は、自分とは違うのだろうか。
そう思っていた慎也だったが、「まあ、どうでもいいか…」と思い直す。

 

タクシーに乗った慎也は、行き先を運転手に告げる。
何かをポケットから取り出す慎也。
慎也の手には、以前裕介から貰ったポケットティッシュがあった。

 

「安全運転でお願いします」と、慎也は運転手に言う。

命はひとつしかありませんから。
(基本的には……)

タクシーに乗った中村慎也は、そのまま姿を消した。

 

スポンサーリンク

慎也は慎也じゃなくなったのか?

ヘルメットに残った慎也の生首は、若干ホラーでシュールですね。
ショッキングな描写が色々出てくる亜人を読んでいくと、どんどんグロ耐性がついていくと思われます。

 

冒頭のバイク事故で、慎也の頭が生え変わったわけですが。
その後の慎也の台詞でも、「俺はとっくに、俺ですらなかったんだ…」と言います。

自分が自分じゃなかったという。

 

 

3巻研究所で、佐藤が圭に断頭する話をしますね。

「新しくできた頭は、脳は、心は。今の君なのか?」
「否だ。君はこっち、ココでおしまい」と、佐藤は言います。

 

佐藤はこの断頭によって新しく頭が生え変わること=死と定義しています。
前の断頭された頭が本当の君だから、新しく生えた頭は君じゃないよってことだそう。

ややこしいな(;´∀`)

 

となると、バイク事故で頭が生え変わった慎也も、この死の定義に当てはまる。
前の慎也は死んで、『中村慎也事件』冒頭の亜人だと分かってパニックになってる慎也は、本当の慎也じゃないってことか?

ややこしいな(;´∀`)

 

でも事故の後、慎也は前の記憶のまま行動して、裕介とも会話して何ら違和感はないように見える。
昔の裕介との記憶も、ちゃんと覚えている。

 

あ、こういうことか?
記憶が前の頭からデータ移行された的な?
毎回新しい顔を変えても、記憶が変わらないアンパンマンみたいな?

そういうことですかね。
よくわからない、ややこしいなぁ。

 

追記:断頭について詳しい情報がわかったのでまとめました。
亜人は死ぬのか?【断頭で頭が新しく作られること=死とは】

 

まとめ

最新刊の亜人8巻限定版は、この中村慎也事件をアニメ化したDVDがついてくるそうです。
中村慎也の声を担当するのは、進撃の巨人エレン役で有名な梶裕貴さんです。

 

限定版欲しいな。
あんまり普段限定版とか買わない人間ですけど、亜人の映画やアニメが迫力ある感じに仕上がっているから、期待してしまう。

 

同じように事故で亜人だとわかったのに、圭と慎也で随分違いますね。
大勢の目の前で生き返った圭は、まぁ運が悪かったとしか…。
あ、でも慎也も生え変わってるから良くもないか。

 

追記:こちらに8巻限定版DVDについて、あらすじと感想を載せています。
亜人8巻のネタバレ感想【佐藤さんがまごころ込めたヤバい差し入れ】

スポンサーリンク



亜人の記事一覧

アニメ「3月のライオン」の感想まとめ

月別

  • 2017
  • 2016
  • 2015