熊徹の家の近くにある壁の絵が、数年後には微妙に変わってる

kabenoe1

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

 

小さな小ネタ。

こういうの見つけるの楽しいですね。

 

スポンサーリンク

 

熊徹の家の近くに石段があります。

 

作中でもよく出てくる石段で、熊徹と九太が追っかけっこするシーンなどでたびたび映ります。

 

その石段の壁に絵があります。

この絵が数年後には微妙に変化してるんです。

 

kabenoe1

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

九太が渋天街に来て、まだ子どもだった頃の絵。

 

手を繋いで歩くカップルか夫婦のバケモノ(犬か馬か何だろう??)

 

これが数年後、九太が青年に成長してからは、こうなっています。

 

kabenoe2

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

 

一匹増えてる!

このバケモノ夫婦の子どもでしょうか。

家族で三匹仲良く手を繋いでいます。

 

最初は二匹だけだったのが数年後には子どもが増えて、家族が三匹になり賑やかになった…そんなメッセージが込められているように感じます。

 

それぞれ昼バージョンと夜バージョンを並べてみます。

 

kabenoe1

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

kabenoe2

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

 

kabenoe3

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

kabenoe4

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

こうしてみると、ほんとに作中で何度もこの石段は出て来てますね。

小さな変化ですけど、見つけたら嬉しくなります。

 

 

あと、成長した青年九太が夕暮れ時に、悩んで帰って来るシーン。

 

kabenoe5

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

 

ちょうど子どもの絵が九太のバックになるところがあります。

 

kabenoe6

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

 

これまで同じカメラアングルで映っていた壁の絵が、この時は子どもの絵がアップで映っていますね。

 

子ども…ということで、『バケモノの子』の九太と、壁の子どもの絵とを重ねてみたのでしょうか。

 

 

この壁の絵について調べてみると、『バケモノの子展』という絵コンテを展示したり体験型のブースを展示したりといった大規模イベントがあった際に、この絵もチラッと出てきたみたいです。

 

2015年のことですけどね…。
行ってみたかったなぁ。