翔ちゃんの名(迷)言【地獄に咲く一輪の花】

syoumeigen

(鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』1巻)

 

名言というか迷言?

 

翔ちゃんが面接に行ったときの話です。

 

スポンサーリンク

 

ゆり子に「面接受けるだけでいいから!」と言われて、嫌々バイトの面接に行くことにした翔ちゃん。
受けた面接はコンビニの仕事。

 

で、翔ちゃんは最初からやる気ナッシング。

 

面接中にスマホいじるし、店長のおじさんの質問も生返事で答えて…ちょ、やる気なさすぎ!

 

店長のおじさんが翔ちゃんの態度にキレて、「君!やる気がないなら帰りなさい!」って怒ったら、そのまんま「あ、いいスか?お疲れ~ッス」って翔ちゃん普通に帰ろうとするし!オイ!

 

 

翔ちゃんの世の中を舐めた態度に、店長がガチ説教をします。

 

君は知らないだけだ!

頼れる仲間と共に仕事をする楽しみを!

 

店長は自分にも翔ちゃんのように無職の息子がいると話し、翔ちゃんを放っておけないと言います。

 

そして、「うちで働きなさい」と言う店長さん。

 

店長…ええおじさんやん。ハゲてるけど。

 

 

店長の言葉に、少し考えてから「じゃあ、伺いますけど」と返す翔ちゃん。

 

「その頼れる仲間と南の島へバカンスに行ったとして、どうなると思いますか?」

 

「もっと楽しいですよ」

 

 

( ゚Д゚)ファッ

 

翔ちゃん…?

何を言い出したんだろう…

 

 

さらに、店長に背を向けながら、なんかカッコいい空気を醸し出しながらこう言う翔ちゃん。

 

「地獄に咲いている一輪の花を眺めながら、ここは美しいと言っているに過ぎない…」

 

 

要するに、仕事が地獄で、そこに咲いている一輪の花(わずかな楽しみ)を見て、「ここは美しい、楽しい!」と言っているに過ぎないってことですね。

 

名言!

いや、迷言かw

 

『地獄に咲いている一輪の花』という表現が、やたら詩的で素敵なんですが。

 

 

何を言ってるんだと思いつつ、「いや…まぁ…うん、わかるわ」と妙に共感してしまうのは、なぜでしょうかね先生。

 

この翔ちゃんの台詞を聞いたあとの店長さんが、「ここは地獄なのか…?」と、あからさまに生気の抜けた表情になってしまって…店長ォォォ、元気出して。