ヒモメン~ヒモ更生プログラム~2巻のネタバレ感想【翔ちゃんと池目先生の同棲生活スタート?】

himomen2

(鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』2巻)

 

くろやんです。

 

ヒモメン2巻が発売されました。
表紙は翔ちゃんの「愛してる(はーと)」
彼女を一途に愛する素敵な彼氏に見えるけど、手にある雑誌がすべてを物語る。
本編でも同じ台詞出てきたけど、こんなに響かない「愛してる」ある?

 

というわけで、2巻の簡単なあらすじとネタバレ感想を紹介していこうと思います。

 

以下、ネタバレを含むので注意してください。

 

スポンサーリンク

2巻のあらすじ

突然、翔ちゃんがゆり子に2万円の生活費を渡してきた。
パチンコで勝った金かとゆり子が尋ねると、「ゲーム実況で儲けた金だよ」と答える翔ちゃん。

 

ゲーム実況とは、ネットで動画を配信して広告収入を得るというもの。
3日前に機材を揃えて放送を始めたばかりなのに、どうして早くも2万の収入があるのか。

 

「まあ、俺にも才能があるみたいでね」と、鼻高々な翔ちゃん。
ゆり子は驚きながらも、翔ちゃんが同棲をしてから初めてお金を稼いだことに喜んでいた。

 

次の日。
ゆり子は仕事の休憩中に、翔ちゃんがどんな動画を配信しているのか気になって見てみることに…。
するとそこには、ヒモメンらしいやり方でお金を儲けようとする翔ちゃんの姿があった。

 

ビジネスレボリューション

2巻は翔ちゃんがゲーム実況を始めたよ、という話からスタートです。
翔ちゃんが動画を配信するんですけど、その初期費用(機材とか)はもちろん、ゆり子が出してます。
おまけに、「経費として1万くれない?」と言う翔ちゃん。

 

やっぱりヒモ。
まごうことなきヒモ。
動画を配信してもヒモ。

 

 

で、翔ちゃんがどんな内容の動画を配信しているかというと、レアカード付きアカウントを売るというもの。
ゲームアカウントの転売か!
オークションみたいに、視聴者に「1万5千!」「2万1千!2万1千以上はなしか!?」と競りに出していました。

 

ゆり子に出してもらった経費というのは、レアカードをガチャで引くための資金。
「こうして俺は、ゲームもガチャも楽しめて稼げる、夢のようなビジネスを実現させた!」
ゆり子にそう説明する翔ちゃん、悦に入る。

 

himomen2-1

(鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』2巻)

 

何がレボリューションなのかサッパリですが。
いやいや、ちょっと待ってよ。
レアカードが必ず引ける保証もないのに、そのやり方でずっと稼ぎ続けられるわけがない。
絶対に赤字になるじゃん。

 

ゆり子が指摘すると、「早く引ければ儲かるんだよ!」と逆ギレする翔ちゃん。
完璧ギャンブルの考えじゃん!
で、もうゆり子は翔ちゃんに経費を渡すのをやめたのでした。

 

結局、ビジネスレボリューションが失敗に終わった翔ちゃん。
売るものがなくなったので、今度は自分のブロマイドを売ることにしたのでした。

 

himomen2-2

(鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』2巻)

 

誰が買うん、コレ!?
とか思っていたら、売れたらしい。
3千円入ったってw
買った人誰?翔ちゃんのファン??
動画配信をしても、やっぱり安定のギャンブル思考の翔ちゃんでした。

 

池目先生もかなり変

しばらくして、翔ちゃんが配信している動画や掲示板が荒らされ始めた。
犯人は池目先生。
前回、ゆり子に振られたショックと彼氏(翔ちゃん)への恨みをこじらせて、嫌がらせをしていたのでした。

 

でも、嫌がらせをしたところで心は晴れず。
しかも、現在も池目先生はゆり子のことが好きなので、ゆり子に対しては良心の呵責を感じていたのです。
で、池目先生がどうしたかというと…。

 

 

突然ゆり子の家にやって来て、「君の掲示板や動画を荒らしていたのは僕だー!」と、翔ちゃんに自白する池目先生。
翔ちゃんもアレだけど、池目先生もたいがい変。
翔ちゃんと池目先生が二人でギャアギャア言い争っていると、家の中から寝ていたゆり子が出て来た。

 

himomen2-3

(鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』2巻)

 

疲れていた上に眠りを邪魔されて、ゆり子のイライラは最高潮。
そのまま、翔ちゃんと池目先生は外に追い出されてしまいます。

 

池目先生が自分の家に帰り着くと、なぜか一緒に翔ちゃんがついて来た!!
「ゆり子が鍵開けてくれないから、泊めてくれよ」と、平然と言う翔ちゃん。
こうして、池目先生と翔ちゃんの同棲生活が始まった!
なにこれ(;´∀`)

 

himomen2-4

(鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』2巻)

 

翔ちゃん見境ないな!
ヒモになれるなら、男でもいいのか!
どんな状況でも生きていける図太さ、逆にすごいわ。

 

いがみ合う二人がやがて…

何やかんやで、今度は池目先生のヒモになった翔ちゃん。
普通に池目先生の家で暮らし始めた。
え、何でこうなるw

 

早速、池目先生に「なあ、昼飯代置いてってくれよ」と言う翔ちゃん。
図々しいにも程がある!
結局、昼飯代渡しちゃうけどね。

 

 

家に居着かれて面倒だけど、これは逆にチャンスと考える池目先生。
ゆり子から翔ちゃんを引き離すことには成功したので、今度はヒモとしての愚かさを気付かせてやろうとする。

 

池目先生は翔ちゃんに、家に居候させる代わりに食事の用意、洗濯、掃除をさせようとします。
(…いや、普通居候なら…これぐらいはやってもらわなきゃね)
翔ちゃんに家事をさせて、その出来をけなして否定して、翔ちゃんの心を折ってやろうという作戦。

 

himomen2-5

(鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』2巻)

 

次の日の夜。
池目先生が帰宅すると、テーブルの上にはお総菜が置かれてました。
しかも、値引き品。
洗濯物はファブリーズしただけ。
部屋も散らかったまま。

 

そりゃ、あの翔ちゃんだからね。
ゆり子と一緒に暮らしてる時も、まともに家事なんてやってなかったしね。
あまりの翔ちゃんのやる気のなさに、「お前居候だぞ!?頑張らなきゃいけない立場だろ!?」と、思わず愕然とする池目先生。

 

 

さらに、次の日の夜。
昨日のお総菜がお皿に盛り付けてあるだけの翔ちゃんの手抜きっぷりに、池目先生「ま”~!!」と奇声を発します。
ふ、不憫すぎるw池目先生。

 

屁理屈こねて図々しいヒモに、池目先生も「何でそんなことができるんだよ~心が痛まないのかよ~」と、ショックを受けて嘆きます。
マジ泣きする池目先生を見て鬱陶しくなったのか、渋々もやし炒めを作った翔ちゃん。
それを見た池目先生、すごく感動して喜ぶ。

 

himomen2-6

(鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』2巻)

 

褒めちゃったw
けなして否定するんじゃなかったの!
こんなことがあったりで、翔ちゃんと池目先生の謎の同棲生活は続く。

 

その後ゆり子が後輩のこのみと、街で翔ちゃんと池目先生が歩いているところを目撃!
喧嘩しながらも、二人はひとつの買い物袋を仲良く(?)片手で持ち合っていた。
「安いBLかよ…」と呟くゆり子。

 

 

ごめん、めっちゃウケたよ。
ほのかに漂うBLの匂い。
分かります、翔×池目ですね。
喧嘩しながらも実は…ってやつですね。

 

まとめ

こんな感じで2巻は、翔ちゃんが池目先生とよく分からん成り行きで同棲をします。
もう色々と謎すぎるわ。
池目先生の家でも翔ちゃんは相変わらずのヒモっぷり!
家事は全くせずに、食べるもんは食べてゲームしてギャンブルしてダラダラして…。

 

しかも最後の方には、また翔ちゃんのKUZU行動が!
アウトだよ!かなりブラックな行動だよね。
段々…池目先生が不憫になってくる。
池目先生、イケメンのはずが今回も顔芸が激しい。

 

 

後半には、また翔ちゃんがゆり子の家に帰ってきます。
まあ、いつも通りの翔ちゃんとゆり子です。
働かないでギャンブルするのが通常運転な翔ちゃん。
1巻では翔ちゃんのヒモ更生をする流れで、ゆり子が色々と計画していたんですが、今回はそこまでヒモ更生の動きはない…。

 

そういえば、今回もみんな顔芸のレベルが上がってたなぁ。
池目先生もゆり子も。
ゆり子は美人なのに、かなりレベルの高いやつがあって、さすが翔ちゃんの彼女なだけある…と思いました。

 

 

今回唯一まともなのって、後輩のこのみぐらいなんじゃ…。
かなり冷静なツッコミ、的確な台詞が多かったです。
翔ちゃんがホモかもと心配になって取り乱すゆり子に、「もう別れたらいいじゃないですか」とか言ったり。
コレはみんな翔ちゃんとゆり子を見て思う台詞。

 

翔ちゃんが伝説の名機(スロット台)を買ったまま使ってない状態なのを、「どうしたらいいと思う?これ」と尋ねるゆり子に、「もはや死んでも直らないと思いますよ」と、台じゃなくて翔ちゃんのことを言ったり。

 

めっちゃ的確。
その通りすぎるわ!
翔ちゃんのダメっぷりは死んでも直らないでしょう。

 

さらに3巻に続くそうです。
きっと次も、翔ちゃんのヒモメンぶりは変わらず、何だかんだゆり子と仲良くやってるんじゃないかなと思います。
ヒモメーン!

 

おまけ
翔ちゃんの名(迷)言【地獄に咲く一輪の花】
翔ちゃんとゆり子、なんだかんだ仲良い【昔の話とか馴れ初めとか】