あの漫画のここが気になる!!!

漫画・アニメの感想や考察など色々書くカオスブログ

毒なのに旨いってどういうことなの

time 2016/03/02

毒なのに旨いってどういうことなの

 

くろやんです。
キノコの写真を載せといてあれですが、私はキノコが苦手です。
あの食感がどうも苦手で(;´∀`)

 

以下、原作とアニメのネタバレあります。

 

スポンサーリンク

 

亜人の4巻17話で、圭が攻に食べさせたイボテングタケ入りおにぎり。
イボテングタケって旨いの?どうなの?

 

ググって写真見てみると、毒キノコらしい見た目してます。
まさしく毒キノコ。

このイボテングタケの毒成分である『イボテン酸』が、強い旨味をもっているそう。
そのため、毒キノコなのに美味らしいです。

 

毒キノコの代名詞、マリオのキノコそっくりな赤い毒キノコ『ベニテングタケ』。
こちらは人気のためか、実際に食べた人の話がネットにちらほらあります。
これもイボテン酸のため旨いらしい。

 

イボテングタケ入りおにぎりを「うまうま」と言いながら、バクバク食べていた攻。
よく見たら、圭はおにぎり持ったまま口をつけていないw

 

これはドラム缶に監禁とかの鬼畜無力化に比べて、美味しい思いもできる美味無力化。
ただ、後で腹痛嘔吐etcの症状に見舞われるというね…。

 

原作では、どこからともなく圭がこのおにぎりを持って来て「いつ作ったんだろう?」と疑問がありました。

しかし、アニメではバッチリこの疑問を解消してくれました。

森の中で攻と出会ったあと、圭は一回おばあちゃんの家に帰っておにぎりを作っていました。

 

ここだけ見ると原作未読の人は、「あ。ちゃんと中野攻のために、おにぎり作ってやってる。案外イイやつ」と見直すかもしれない。

そこからの「うわぁ…何だこのゲスい主人公はw」とドン引くか、「あぁ。やっぱりそういうやつだよな!」となるかどうか。

視聴者をふるいに掛けるチャレンジャーな主人公ですね。

スポンサーリンク


亜人の記事一覧

アニメ「3月のライオン」の感想まとめ

月別

  • 2017
  • 2016
  • 2015