亜人57話のネタバレ感想【この戦いでヤワな男はいない】

ga2018-5

(good!アフタヌーン 2018年5号)

 

どうも、くろやんです。
梅雨で雨が降ったり止んだり、毎日ジメジメしています。
早く梅雨が明けてほしい。

 

亜人本誌のネタバレ感想を紹介します。
前回56話はこちらです。
亜人56話のネタバレ感想【走る止める撃つ!彼女は男前】

 

 

FILE:57 論理を越えて

以下、12巻のネタバレを含みます。

 

スポンサーリンク

57話のあらすじ

佐藤VS自衛隊の激しい銃撃戦が繰り広げられている自衛隊入間基地。
その入間基地に到着した圭。
しかし、入り口(ゲート)からは入れない。

 

梯子も道具もなく、基地の外から中へ入るにはどうしたらいいか。
近くに落ちていた瓶を拾い、それを割った圭は破片を手にする。
使用するのは瓶の破片のみ。
そして、圭は亜人の特性を活かした方法で、中へと入ることに成功する。

 

 

一方、田中から監禁されていた亜人(消防士の男ら)の居場所を教えられた攻。
佐藤たちが隠れ家に使っていた建物へとやって来た攻は、麻酔銃を手に中へ侵入する。

攻が侵入したことを、建物内部に残っていた奥山はすぐに気付き、とっさに手近にあった物である仕掛けを施す。

 

建物内部を走り、奥山がいる部屋へとたどり着いた攻。
素早く麻酔銃を撃ち込むと、それは奥山の首元へ命中。
攻は奥山の動きを止めることに成功する。

 

 

建物の地下へ行くと、そこには3つのドラム缶があった。
攻は近くにあったガス溶接装置を使い、炎の熱によってドラム缶の蓋を開ける。
助け出された二人の亜人(亜人集会で佐藤に反対していた二人の男)は生きているが、攻の声掛けに反応がない。

 

何もない空間では、人間の精神は72時間しかもたない。
そして、消防士の男(秋山礼二)も反応がなく、目を覚まさない。

 

攻は消防士の男の胸ぐらを掴むと、声を荒げて発破をかける。
「起きろよ。消防士ってのは、タフな仕事じゃねぇのかよ」
「気合い入れろォ!アンタそんなヤワな男じゃねぇだろ!!」

 

攻の言葉によって、消防士の男は目を覚ました。
「ひさし…ぶりだな…何があったのか…教えてくれ…」

 

亜人ロッククライミング

今回は大きくふたつの動きがある回。
入間基地に到着して中へ入る圭、佐藤の隠れ家で消防士の男らを助ける攻の話です。

 

はじめに入間基地に到着後の圭。
梯子も道具もなく、持っているのは瓶の破片のみ。
さぁ、どうやって中に入ったのか?

 

驚きです。
地味にすごい方法です。
順を追って説明します。

 

 

1.まず、指を2本噛み切る
2.その指を復活時の回収圏外まで投げる
3.瓶の破片で首を切ってリセット
4.復活時手を伸ばし、切断面を塀に押し当て、再生する指で穴を空ける
5.次は逆の手で同じことをする
6.穴に埋まった指で身体を持ち上げ、より高い位置に穴を空ける

 

ajin_57

(桜井画門『亜人』57話)

 

こんな感じに、最初の指を穴から引き抜き、同じことを繰り返します。
圭の仮説では5回繰り返せば、上までたどり着くそうです。

 

 

え…?( ゚Д゚)
こ、これは…やりたくない。

 

まともに道具もない状態で、よくこんな方法が思いつくな。
拷問並に地味に痛いことを繰り返すところが、さすが亜人らしい。

 

指を2本噛み切ることを5回繰り返すんですよ。
自分で自分の指噛み切るんですよ。
なんでこんな方法を思いついたんだ!

 

 

ある意味、予想外の侵入方法。
8巻の佐藤が転送したときは、まさか木材破砕機で身体をミンチにして、自分自身を殺すなんて…!!
という感じに、衝撃的で派手な侵入方法でしたが。

 

今回の圭が考えた侵入方法も、ある意味衝撃的。
しかも痛さでいったら佐藤の方は一瞬で終わるけど、圭は5回指を噛み切るって、時間でいうと5~10分らしいけど、いやいや!これ地味に拷問じゃね?と思ってしまう恐ろしい!!

 

こんなロッククライミング聞いたことない。
亜人ロッククライミング。
ちゃんとした道具がなくても、どんな崖でも壁でも塀でも、すぐに始められる亜人ロッククライミング!
さすが亜人、シンプルでスリリングなロッククライミングです(途中で意識を失う危険性あり)

 

ヤワな男じゃない

そして、後半は消防士の男らを助ける攻の話。
ようやく消防士の男(秋山礼二)が助け出され、仲間になりました。

 

4巻の亜人集会で初登場して、田中とIBM同士の戦いを繰り広げ、その後佐藤らに監禁されていた秋山礼二。
ようやく…ようやく再登場し、仲間になったよ!

 

あのとき、他にも佐藤に反対してドラム缶に監禁されていた、眼鏡をかけた男とカバンをかけた男(二名とも名前は分からない)
この二名も今回助け出されました。

 

 

ドラム缶にかなり長期間監禁されていた彼らですが。
秋山礼二は攻の言葉によって意識を取り戻します。
この攻が秋山礼二に発破をかけるところはアツい。

 

淡々としたクールなキャラが多い亜人で、こうした感情に訴えるアツいキャラは珍しいですし、情に厚い攻だから余計このコマは胸が熱くなる。
9巻で佐藤と戦うことをやめると言った圭に対しても、攻は自分の思いをアツく語っていたし、あそこは攻の性格がよく表れている場面だと思う。

 

論理だけではなく、感情も大事。
バランスって大事だなぁ。

 

 

活を入れるような攻の言葉で目を覚ました秋山礼二。
長期間監禁されていたにもかかわらず、すぐに目を覚ますなんて、彼はヤワな男じゃなかった。

 

同じ頃、入間基地で多数の自衛官相手にたった一人で戦う佐藤。
彼もヤワな男じゃなかった。
そして、自身の指を噛み切り入間基地の中へ入った永井圭。
彼もヤワな男じゃなかった。

この戦いでヤワな男はいないということですね。

 

まとめ

12巻終わりの57話。
圭の予想外の入間基地への侵入方法と、攻の秋山礼二へ発破をかけるアツい場面。
このふたつが今回の見どころです。

 

それにしても、圭の自分の指を噛み切るロッククライミングはビックリしたよ。
さすが、あの佐藤さんに面白いと言われ、高揚感を与えた人物です。
よくあんな予想外の方法を思いつくなぁ。
途中で「いや~もう辛いっすわ。辛いから、やめるわ~」ってならなかったからすごい。

 

 

今回攻が秋山礼二を救出したので、前回の田中にプラスして戦力が増えました。
続々と仲間が増えてきた…!
これは、アツい展開になるんじゃないか?

 

やはり入間基地が最後の戦いの場になるのか。
ここで佐藤との決着がつくのか。
いよいよ最終決戦になってきた気がする!

 

次の13巻では、いよいよ圭と佐藤が再会するようですね。
えーっと、振り返ってみると9巻の「最終ウェーブでまた会おう!永井君」以来です。
テンション上がる!

 

続きはこちら。
亜人58話のネタバレ感想【特別な5週間】