66話の補足感想【ゲンの伏線】

亜人

(桜井画門『亜人』21話)

 

まさかのまさか。
えぇ!?そうだったの?

 

以下、14巻のネタバレを含みます。

 

スポンサーリンク

完全なる思い込み

66話で明らかになった2つの驚きの事実。

 

・ゲンは亜人ではなく人間
・高橋とゲンは兄弟

 

あ、66話冒頭で立花議員が亜人だと発覚したのを合わせると3つですかね。
もう誰が亜人なのか人間なのか。
先が読めないですわ、まさかの展開です。

 

『一体いつからゲンが亜人だと錯覚していた?』

 

いやぁ、もう藍染隊長もびっくりですよ。
まったく疑ってなかったですもん。
いつも高橋と行動を共にしているから、無意識に勝手に『ゲンも亜人』だと思い込んでましたもん。
思い込みってこわい!

 

 

さて、どうしてゲンが亜人だと思い込んでしまったのか。
ゲンが初登場したのが15話。
佐藤が開いた亜人集会に、彼は高橋と共に参加していました。

 

そのとき亜人集会に参加していたメンバーは、ゲンを除いて全員亜人。
だって亜人集会ですよ、そりゃあ亜人が集まる場ですよ。
まさか人間が参加してるなんて思いもしませんよ。

 

しかも、このとき佐藤も「絶景だね。初めてだろう、君達。これだけの亜人が集まるという光景は」と言ってました。
佐藤さんがこう言ってちゃ、あぁ全員亜人なんだなって思いますよね。

 

 

で、この亜人集会後も、ゲンは佐藤らのテロ活動に普通に参加してました。
普通にですよ、めっちゃ危険な状況もあったのに。
あんな自然に亜人のテロ活動に普通に参加してたら、まさか人間だとは気が付きませんわ。

 

ゲンは黒い幽霊(IBM)について、「俺は黒いの出せねーからなぁ」と言ってました。
この台詞は29話で、田中と高橋のIBMが料亭にいた大臣を襲撃したときに言ったものです。
今となっては、人間だからそりゃぁIBMなんて出せませんよね。

 

中野攻は亜人ですけど、IBMが出せません。
26話でIBMが出せるようになる方法をオグラ博士に尋ねる描写がありました。
この流れとゲンの台詞から、『ゲンは中野攻と同じく、亜人だけどIBMが出せない』という風に思い込んでいました。

 

いやぁ、思い込みってすごい。
もう見事に騙されてましたわ。
く、悔しい…!でも、このどんでん返しは素晴らしい。

 

 

伏線

さぁ、この『ゲンは人間』というどんでん返し。
実は伏線があったようです。
これ気付いた人すごいなぁ。

 

15話の亜人集会で。
集まった7人の男たち。
中野攻、秋山、奥山、高橋、ゲン、2人のモブ亜人。

 

そこに佐藤のIBMが現れ、手を鳴らして「コレで全員かな。上がってきてくれ」と彼らに声を掛けます。
このときの様子がこちら。

 

15

(桜井画門『亜人』15話)

 

おわかりいただけただろうか。
手を鳴らしたとき、ゲンだけ違う方を向いていて、その次のコマでは隣の高橋がゲンにわかるようIBMの方を指さしています。

 

ゲンには佐藤のIBMが見えていない。
だから、最初のコマで一人だけ違う方を向いていて、高橋に教えられてIBMがいることがわかった…そんな感じでしょうか。

 

 

さらにもうひとつ。
佐藤 VS SAT50人
21話ですね、佐藤さんのヤバカッコいい佐藤無双祭り。

 

このとき、高橋とゲンは佐藤に復活の隙を与える援護をするため、ビル屋上にいました。
ゲンが敵の位置を確認し、高橋がライフルで敵を狙撃する。

 

この際ゲンと高橋も、別のビル屋上に隠れていたSATの狙撃手に攻撃されます。
ゲンの鼻先をかすった銃弾は高橋に命中し、高橋は一時戦闘不能に。

 

21-1

(桜井画門『亜人』21話)

 

このときゲンの鼻についた小さな傷。
実は、この後もずっと残り続けているんです。
フォージ安全ビル要撃のときも、今回の入間基地での戦いのときも。

 

亜人なら、リセットすればどんな傷でも治ります。
しかし、人間のゲンはずっとこの傷が残ったまま。
そして何より、これまで激しい戦闘のなかで、ゲンは一度もリセットする描写が無いんですよね。

 

フォージ安全ビル要撃で、奥山や高橋はリセットする描写があるんですが、ゲンはその描写が無い。
さらに田中、高橋と隊列を組んだときも、ゲンは一番最後にいます。

 

33

(桜井画門『亜人』33話)

 

そりゃあ、人間ですから。
前になんていたら大変ですよね。
一発KOですよ。

 

このように、よくよく見れば『ゲンは人間なんじゃないか?』という小さな伏線がいくつかあったんですね。
いやーわからんかったよ!
完敗です、まったく気付きませんでした。
気付いていた人すごい!

 

今にして思えば

フォージ安全ビル要撃で。
34話、圭の考えたIBM粒子を活用した作戦で、テロメンバー(田中・高橋・ゲン)を麻酔銃で眠らせ、拘束する場面です。

 

このときの作戦内容は、亜人にしか見えない大量のIBM粒子で敵の視界を遮り、その隙に人間の平沢ら黒服メンバーが麻酔銃を撃つというもの。

 

今にして思えば、亜人の田中と高橋は大量のIBM粒子が見えてパニックになってたんですが、人間のゲンにはIBM粒子が見えていないはず。
ちょうど麻酔銃で撃たれた順番が、ゲン→高橋→田中だから良かったんですけど…。

 

もし、田中か高橋が先に麻酔銃で撃たれていたら、ゲンが彼らをリセットさせることができたんじゃないか?
ありゃま。
たまたま麻酔銃で眠らせた順番が良かったんですね。

 

 

あと、高橋とゲンが兄弟だったことについてですが。

彼らがどういう間柄なのか、これまで作中で語られなかったため、何となく昔から付き合いのある仲間同士なのかと思っていました。
俺らマブダチ的な?

 

今にして思えば…。
いや、これも今にして思えばですけど。
佐藤のテロ組の中で、ゲンだけ名前なんですよね。

 

佐藤、田中、奥山、高橋、ゲン

 

もし、高橋と身内じゃなくて友人、仲間関係だったとしたら、普通に『山田』とか『小林』とか『松本』とか呼ばれていたはず。
こじつけかもしれないけど、一人だけ名前で呼ばれていたのも不思議に思うべきだったなぁ。

 

そういえば、佐藤たちは『ゲンが人間』だと知ってたんでしょうか。
本人が自ら言ったのか、高橋が言ったのか、それとも言わずに黙っていたのか。
そこら辺も気になるなぁ。

 

追記感想おわり。