72話の補足感想【フラッドとなりかけの関連性】

亜人

(桜井画門『亜人』46話)

 

今回は急展開で色々ありましたね。
色々あったんですが、「アレ?これってどういう状態だっけ?」と忘れていたこともあったので、ちょっと前の単行本を読み直してみました。

 

それを踏まえて、気が付いたことや思ったことを追記で書きます。
年々、忘れっぽくなってる気がする。
光陰矢の如し。

 

以下、15巻のネタバレを含みます。

 

スポンサーリンク

フラッド

さて、今回の72話で急展開になりました。
圭とカイが佐藤に撃たれ、圭がフラッドを発現させる。
近くにいたカイはフラッドの影響で『なりかけ』になり、最後に佐藤もフラッドを起こす…と。

 

怒濤の展開!
ついにここで、圭がフラッドを起こす!
さらに、カイも『なりかけに』!
さらにさらに、佐藤までフラッドを!!

 

 

ところで今回、フラッドや『なりかけ』という言葉が出てきたんですが、詳しい内容を忘れてしまったので、単行本を読み直してみました。
フラッドとかそんなにしょっちゅうあるもんじゃないから、ほら。

 

これに関しては、10巻や11巻でオグラ博士が詳しい説明をしていました。
さすがオグラ博士、亜人のスペシャリスト。
亜人のことならオグラ博士にご相談を。

 

 

まず、フラッドについてですが。
異常な感情の高まりと復活が重なったとき、ごくごく稀に起こる現象。
フラッドについて、最初はこう説明されていました。
その例が『中村慎也事件』です。

 

亜人だった中村慎也が、目の前で親友の祐介を殺害されたことで、異常な感情の高まりと復活が重なり、フラッドが発現。
何体もの殺意をもったIBMが出現し、その場にいた者たちを一人残らず殺害したというもの。

 

(桜井画門『亜人』2巻)

 

このときは発現の発端となった感情(殺意)に従い、IBMたちは行動し続けたんですが、これは殺意とかじゃなくてもフラッドは起きるようです。
11巻50話でオグラ博士の説明で出てきました、あるオランダ人金メダリストの話があります。

 

彼はスピードスケートの選手で亜人。
ゴール直後に彼は転倒し、勝利の喜びと復活が重なり、フラッドが発現。
作り出されたIBMたちは消失するまでの約5分間、リンクの上で歓喜し続けたそう。

 

なりかけ

フラッドが起こる条件はふたつ。

 

オグラ博士が10巻46話で話していた説明によると、『一生に一度あるかないかの感情の高まり』と『復活時のIBM濃度の上昇』
このふたつが重なり相乗効果を生んで、特別な精神状態に到達することがあるということらしいです。

 

亜人の体内には常にIBMが存在していて、それらは亜人の感情の起伏によって濃度が変動する。
このIBM濃度が最も高くなるのが復活時だそう。

 

(桜井画門『亜人』46話)

 

さらに、一生に一度あるないかの感情の高まりというのが、中村慎也の場合は祐介を殺害されたことへの怒り(殺意)、オランダ人金メダリストの場合は勝利の喜びだったというわけですね。
今回の圭も、慎也のときと同じく怒り(殺意)だと思います。

 

 

そして、46話でオグラ博士は『なりかけ』についてこう説明していました。

 

なぜ、なりかけとフラッドが同時に観測されるのか?
シンプルに言おう。
「一生に一度あるかないかの感情の高まり」で高濃度化した体内IBMが、近くの死んだばかりの人間にも影響を及ぼすからだ。

 

アメリカ国内では5例の『なりかけ』の報告が上がっていて、うち2例はフラッドの付近で目撃されている。
『なりかけ』とは言葉通り、亜人になりかけるという意味でしょう。

 

中村慎也事件で亡くなった祐介は『なりかけ』になり、その遺体はアメリカの亜人研究施設に送られました。
そこで慎也の遺体を観察していたスミス博士ともう一人の研究員は、慎也の身体にあった銃創が消えていることに気付きます。

 

銃創は修復されたが、復活までは…亜人になるまではいかなかった。
これが『なりかけ』の状態なんだそう。
ちょうど今回72話のカイの状態ですね。

 

亜人が生まれるヒント

スミス博士の話を聞いていた研究員が、「その段階で心肺蘇生したら生き返るんですかね?」と博士に尋ねます。
博士の答えは「わからない」と。
そして、スミス博士はフラッドと『なりかけ』、これらの現象に亜人が生まれるヒントがあるのではと考えているようです。

 

今回の『なりかけ』になったカイは、スミス博士らが話していたように、心肺蘇生をしたり何らかの処置をすれば、生き返るかもしれませんね。
そうすると、生き返ったカイは亜人ということになるんでしょうか。

 

もし、カイが亜人になったとしたら、他の亜人たちと同じようにIBMが出せるようになるとか?
不死身の兵士となるわけだから、カイも圭たちと一緒に佐藤と戦う一員になりますね。
これは圭にとって心強いのでは!?

 

 

ただ、72話最後に佐藤も同じくフラッドを起こしたことで、かなりマズイ状況になっています。
カイを早く安全な場所へ運ばないといけないんですが、殺意をもった圭のIBMはウジャウジャいるわ、おまけに佐藤もフラッドを起こしたわで、カオスな状態に。

 

カイは無事に助かるのか。
生き返らせることができるのか。
生き返ったとして、カイは亜人になるのか。

 

先が読めないです。
次回、フラッドVSフラッドで戦闘が激しそうですけど、カイがどうなるのか気になります。

 

ところで、スミス博士が言ってたフラッドと『なりかけ』、これらの現象に亜人が生まれるヒントがあるのではという話。

 

(桜井画門『亜人』46話)

 

もし、生き返ったカイが亜人になったとしたら、亜人は後天的に生まれるということになりますね。
しかし、圭は生まれたときから亜人。
先天的に亜人だった者もいれば、後天的に亜人になる者もいるということでしょうか。

 

もしかして、圭が生まれたとき分娩室にいた医師が亜人で、感情の高まりで高濃度化した体内IBMが、近くの死んだばかりの人間(圭)に影響を及ぼしたとか?
いやいや、あのとき医師は復活してないし、感情が高まっていたというよりは落胆していたような?
やっぱり先天的な亜人と後天的な亜人がいるってことでしょうかね。

 

 

ただ、今回のフラッドと『なりかけ』の関連について調べていたら、亜人自身が気が付かないうちに他の人間に何らかの影響を与えて、亜人が生まれているのではないかと思いました。
普通の人間だった者が亜人から影響を受けた結果、後天的に亜人になったとか。

 

この辺りの亜人がどうやって生まれるのかについては、原作でもまだ詳しい説明が出てきていませんし、正直よくわからんです。
先天的なのか後天的なのか、もともと持って生まれた性質によるものなのか、ウイルス的な何かなのか、今回のように体内IBMが関係しているのか。

 

皆さん、どう思いますか?
こうなんじゃないか~というのがありましたら、ぜひ教えてください!