亜人66.5話のネタバレ感想【楽しんでるか?】

亜人

(good!アフタヌーン 2019年4号)

 

どうも、くろやんです。
最近この挨拶を入れるのを忘れていました。
でも、未だに『くろやん』という名前に自分自身が慣れていません。
どうもどうも。

 

亜人本誌のネタバレ感想を紹介します。
前回66話はこちらです。
亜人66話のネタバレ感想【彼女は亜人、彼は人間】

 

 

FILE:66.5 デッドヒート②

以下、14巻のネタバレを含みます。

 

スポンサーリンク

66.5話のあらすじ

入間基地の地下。
対亜の攻撃によって血を流し倒れたゲンを連れ、高橋は奥の部屋へ後退する。
そして、対亜の前には高橋のIBMが現れた。

 

対亜は天井の配水管を撃とうと考えるが、その位置では梁(はり)に隠れ、配水管が撃てない。
高橋のIBMは怒り叫ぶ。
IBMは目の前の対亜に向かって攻撃を仕掛けようと迫るが、奥に隠れていたもう一人の対亜がIBMを迎撃する。

 

穴熊(アナグマ)と呼ばれた対亜の攻撃によって、そのまま押し戻される高橋のIBM。
佐藤の腕が置かれた台までIBMを押し戻すと、穴熊は天井の配水管を撃ち抜く。
降り注ぐ水によって、高橋のIBMは活動を停止した。

 

 

奥の部屋へ後退した高橋とゲン。
瀕死のゲンに向かって、涙を流しながら高橋は「絶対…お前も亜人だ!生き返れ!」と発破をかける。
しかしゲンは、『兄弟で亜人なわけないだろう』と言葉を返す。

 

俺を一人にしないでくれ。
そう弱気になる高橋に、ゲンは軽い冗談を言って笑わせると、「楽しんでるか?」と問いかける。
ゲンの最期の問いに笑って答える高橋。

 

奥の部屋へと接近する対亜メンバー。
高橋は自らを鼓舞すると、両手に銃を構えて、対亜へと向かって行った。
声を上げながら乱射する高橋。
すべての弾を撃ち尽くした後、背後から麻酔銃で撃たれ、高橋は眠りにつくのだった。

 

ジャミラジャミラ

今回は66.5話です。
前回66話の後半戦になります。

 

『ゲンは人間』

対亜に撃たれたゲンは瀕死。
そして高橋は怒り、IBMを放出させます。
なんてこった。
いつもふざけて騒いでいた高橋&ゲンの二人に、こんなアツい展開がくるなんて。

 

高橋のIBM VS 対亜
今回新たに名前が判明した対亜メンバーのうちの一人、穴熊(アナグマ)の活躍によって、高橋のIBMは攻撃する間なく押し戻されます。

 

穴熊が持っているこの武器…何て言う銃なんだろう…。
どういうものなのかよくわからない。
重たい一撃を放つ銃です。
銃声からして『ドガン』と重低音な感じです。

 

そして、押し戻されたIBMは配水管の水によって活動停止となります。
やはり対亜強し。
指揮をとるリーダーみたいな一人が的確に指示を出し、抜群のチームワークで動いています。
冷静沈着、カッコいいじゃないですか。

 

 

今回わかった事実。
高橋のIBMの凹みみたいな口みたいな部分。
あそこはやっぱり口で、横からみると上部に歯のような、ヒゲのようなものがありました。
何か見覚えがあると思ったら、クジラの口の中のヒゲだ!

 

そうだ!クジラだ!
ジャミラというよりはクジラだ!
実は私はジャミラをよく知らず、検索してみると確かに高橋のIBMはジャミラに似ていました。

 

しかし、口の中にヒゲがあるという今回の発見。
ジャミラに似たクジラ、いやクジラに似たジャミラ?
IBMも部分的に、何かの生き物に似た形状をしていたりと面白いなぁ。

 

兄弟

瀕死のゲン。
そんなゲンに高橋は、「お前も亜人だ」「生き返れ」「また一緒にやってやろうぜ」と、奮い立たせる言葉を掛けます。
しかし、ゲンが返した言葉は…。

「兄弟で亜人なわけないだろ…兄貴」

 

兄弟!?

 

前回からカミングアウトが激しすぎる。
『ゲンは人間』というカミングアウトに続き、『高橋とゲンは兄弟』という驚きの事実。
高橋とゲンは兄弟だったようです。
高橋が兄で、ゲンが弟。

 

兄弟…兄弟かぁ…!わお。
まったくわからなかったよ。
似て…似て…るような…?
似てない…ような??
あっ、二人ともノリは一緒だね。

 

 

高橋が泣きながら「俺を一人にしないでくれ…」って言ったり、ゲンの死を本気で哀しんだり…。
ゲンも瀕死の状態なのに、最期にふざけて高橋を笑わせようとしたり…。
こんな泣けるアツい展開がくるなんて思わなかった。

 

ゲンが亡くなり、一人で対亜に向かう高橋。
吹っ切れたような表情で。
自らを奮い立たせて叫びながら、弾が続く限り撃ち続け。
最後、撃ち尽くし終えた高橋のこの横顔。

 

66.5

(桜井画門『亜人』66.5話)

 

IBMを使い果たし力をすべて出し切り、やりきった表情で「最ッ高だな。ゲン」と言う。
いつだって楽しんでいる。
力の続く限り、高橋は戦い楽しんだ。
そして最後、対亜によって背後から麻酔銃で撃たれ、高橋は戦闘不能に。

 

眠りにつく寸前、高橋の視界に映ったのは、奥の部屋で横たわり動かなくなったゲンの足。
ゲンを失った高橋の哀しみを感じながら、余韻を残す静かな終わり方でした。

高橋の視点でゲンの足を映し、まるで映画を観ているようなコマ割りで、この見せ方は上手い。
そして、切ない。

 

まとめ

高橋とゲンを主役とした66話が終わりました。
高橋&ゲン VS 対亜
対亜の冷静沈着かつ抜群のチームワークによって、『佐藤の腕を奪取』がこれでクリア。
腕は無事に奪取出来たので、次は腕を入れる『穴探し』です。

 

今回終わりにチラッと攻が出てきました。
秋山の報告によると、地下にはそれらしき穴はないとのこと。
あとは、地上で穴を探す攻にすべてが掛かっています。

 

必死に穴を探す攻。
「だから…どこにでもあるもんじゃないんだって…!」
焦る攻の目の前に奇跡が…!
穴見つかったのか!?
奇跡が起こったのか!

 

 

そして、高橋とゲン。
人間のゲンは生き返ることなく亡くなり、高橋は麻酔銃を撃たれ戦闘不能に。
この二人は最後まで笑って楽しんでるのが似合うな。
二人の会話や最後の高橋の視線、二人の絆を感じながら、切なくもなる。
追記:66話の補足感想【ゲンの伏線】

 

あと、対亜のハードボイルドな戦闘スタイルがカッコいい。
取り乱すことなく冷静に、淡々とそれぞれが任務をこなす。
やはり対亜強し。
対亜5人と佐藤が戦ったらどうなるんだろう。
さすがに5人が一度に攻めたら、佐藤も隙が出来るんじゃ…。
うーん…。