【アニメヴィンランド・サガ11話感想】恋する乙女の切ない気持ち察してよ!トルケル軍のお喋りが楽しそう

ヴィンランド・サガ

(c)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

 

クヌートを人質として連れ去り、デンマーク軍本隊を追うトルケル軍。たった500の兵でデンマーク軍1万6千の兵を敵に回そうとする行為が理解できないラグナルに、トルケルは戦って死んだ者だけが行けるというノルマン戦士の誉れ「ヴァルハラ」について語るのだった。

(アニメ公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

♪あなたのことが好きなのに
私にまるで興味ない
何度目かの失恋の準備
Yeah!Yeah!Yeah!

 

周りを見れば大勢の
強そうなコたちがいるんだもん
地味な軍は気付いてくれない
Yeah!Yeah!Yeah!

 

戦場で響く雄叫び
ぼんやり聴いていたら
知らぬ間にリズムに合わせ
つま先から動き出す
止められない今の気持ち
カモン カモン カモン カモン ベイビー
戦ってよ

 

恋するヴァイキングクッキー!
未来はそんな悪くないよ
Hey!Hey!Hey!

 

さんざん猛アプローチしてきて、ある日突然つれない仕草。
もぉ~そんなんされたら気になるじゃない!
恋愛上手なスヴェン王にやられちゃったトルケル軍。
スヴェン王に振り向いてもらうため、クヌート王子を人質にしちゃった☆

 

まぁー、トルケル軍のお喋りの楽しそうなこと。
秋は魚が旨いだのビールにはチーズだの、イングランドの女は好みだのキリスト弱そうだの…。
話題が次から次へと変わって、「イエスとアスガルドの神、どっちがエライ?」って内容がなんかもう小学生か。

 

(c)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

 

原作読んだときも、この辺りのトルケル軍のお喋りが楽しそうで好きな場面だったので、アニメでも同じように楽しそうでよかった。
「あれあれ?どしたのかなボク―?みんなの前でお話するの恥ずかしいのかなー?」のところとか最高、トルケルさん。
あ、でも「やられちゃったのよ、アタシ。スヴェン王に」の後の部下たちの寸劇がカットされてたのが残念!

 

 

そんな戦バカなトルケル含めた部下たち、たった500の兵でスヴェン王のデンマーク軍1万6千を敵に回す。
それはノルマン戦士の誉れ。
神々の使者ヴァルキリーたちは、常に勇者の魂を求めている。
まさに戦い、まさに死んだ者だけが虹の橋(ビフロスト)を渡り、天界の戦士の館(ヴァルハラ)に住むことを許される。

 

いかに戦い いかに死ぬか
それが問題だ
敵は強けりゃ強いほどいい

 

強い敵と戦い、いかに死ぬか。
トルケルたちの戦う理由はシンプル。
これ以上ないほどシンプル!
竹を割ったようにさっぱりしてるなぁ。

 

(c)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

 

最初のお喋りのノリも好きだけど、このさっぱりしたとこもいいよなぁ。
トルケルの魅力を感じる。
そこに惹かれて部下たちもついていくんでしょうね。

 

それにしても、今回はおじさん(トルケル、ラグナル)がお喋りで、若者(トルフィン、クヌート)はほとんど喋らない。
お喋りなおじさんたちと無口な若者…おぅ…。
クヌート殿下まだ一言も発してないよ。
でも、『あにまるらんど・さが』にクヌート殿下が出て来たよ!

 

今回の『あにまるらんど・さが』はついに殿下登場!
シロクマクヌートの可愛さにみんなメロメロ。
きゃーわーいーい~
クヌートの可愛さについ目がいくけど、よく見たらラグナルと神父もちゃんと1コマ目にいる。
ちょっ神父…酒飲みだからか樽とセットになってるよ。

 

続きはこちら。
【アニメヴィンランド・サガ12話】クヌート殿下にご挨拶=メンチを切る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました