【アニメヴィンランド・サガ3話感想】アーレのお弁当やユルヴァの名付け、親心というもの

ヴィンランド・サガ

(c)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

 

アシェラッドは、ヨーム戦士団のフローキから、かつてヨームのトロル(戦鬼)とよばれたトールズを「殺せ」と名も知らぬたった1人の戦士の処刑を命じられる。
そんな事も露知らず、初めての戦に心を踊らせる村人たち。
トルフィンもまた同じであった。イングランドを目指し、厳しい航海の旅が始まる。

(アニメ公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

これは原作でも好きだった場面!
村を旅立つ前、アーレがユルヴァに別れの挨拶をしている途中で、アーレのお母ちゃんがお弁当を持ってくるところ。
「アーレー!おべんとー!お弁当忘れてる」って、お母ちゃんめっちゃいい笑顔。
にしんの塩漬けは皆にもわけなさいねとか、もう田舎の世話焼き母ちゃん!って感じで好き。

 

(c)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

 

そしてアーレがいなくなった後も、ユルヴァのもとに旅立ち前の挨拶に来る男たちがゾロゾロ。
ユルヴァちゃん、モッテモテ!
いやぁ、この頃から美人だもんね。
そういえば、アーレの見送りに来てたモブの女の子。
あの子は10年後どうなったんだろう。ふと思った。

 

 

今回はトールズたちがアイスランドの村を旅立ち、厳しい航海が始まる話。
隠れて船に乗っていたトルフィンが海を見て喜ぶところ。
ここは海の広大さと、これから旅が始まる高揚感でワクワクするね。
それと対照的なのが夜。

 

アニメだと、夜の海上での描写が綺麗なんですよ。
はじめは暗い海の上で不安を感じながらも、明け方近くになって輝く星の描写がすごく綺麗で。
そのときのトールズがアーレに話す内容もいいんですよね。

 

トールズには『ユルヴァが好き』というアーレの気持ちがバレていたようです。
そんなアーレに、トールズはユルヴァが生まれたときの話をします。
かつてヨーム戦士団の戦士だったトールズは、生まれたばかりのユルヴァに名付けをせず、すぐにノルウェー遠征へ向かおうとした。
そんなトールズに妻ヘルガが一度だけ怒ったというエピソード。

 

(c)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

 

やっぱり、ユルヴァの母ヘルガも美人。
若いころから美人さん。
そして、アニメの作画がめっちゃいい感じです。

 

トールズがアーレにユルヴァの名付けについて話したこの場面。
後の展開を考えると、この話はアーレにとってとても意味のあるものだったんだなぁ。
こんな大事な話をトールズから聞けることは、もう二度とない。
そう考えると、この場面と夜空の描写が相まって、何だか切なくなってきた。

 

あと、アシェラッド兵団が安定の悪党ぶりで、『そうそう。こんないや~な悪役っぽい感じで』を見事に体現してました。
入り江の奥から登場したときなんて、もうどっからどう見ても完全に悪の海賊団。
みんな悪役らしい、めっちゃいい笑顔。
この頃は飄々とした悪党って感じのアシェラッド。
まさか後にああなるなんて…みたいな。

 

今回の『あにまるらんど・さが』は最強の戦士の秘密。
トールズのもふもふの中は結構細い。
なん…だと…?
サンタさんは実はお父さんだったと知ったときと同じぐらいショック。
もふもふがあったから強かったのか。

 

続きはこちら。
【アニメヴィンランド・サガ4話感想】よく考えたらトールズVSアシェラッドの決闘って貴重かも

コメント

タイトルとURLをコピーしました