亜人74話のネタバレ感想【止まれと言われて止まる彼らじゃない】

亜人

(桜井画門『亜人』74話)

 

え!うわ!
good!アフタヌーンの今月号の表紙がカッコいいよ。
渋い佐藤さん。
黄緑色とピンクの組み合わせって意外に合うんだなぁ。

 

亜人本誌のネタバレ感想を紹介します。
前回73話はこちらです。
亜人73話のネタバレ感想【まっかせなさぁい】

 

 

FILE:74 フラッド

以下、16巻のネタバレを含みます。

 

スポンサーリンク

74話のあらすじ

バス停のベンチに座り、煙草を吸うオグラ博士。
何かに気付いた博士はベンチから立ち上がる。
入間基地の方角から、竜巻のように巻き上がったIBM粒子から大量のIBMが作り出される様子が確認できた。

 

入間基地。
佐藤が起こした爆発によって地下の天井が崩れ、対亜が進もうとしていた道が塞がれている。
通れそうにないことを確認すると、彼らは別の出口を探すことに。

 

佐藤の爆発によって横転した車に乗っていた泉と田中。
目を覚ました二人は、竜巻のように巻き上がるIBM粒子を見た。

 

佐藤の腕を入れた電柱の近くで待機していた攻と秋山。
彼らもまたフラッド現象を目撃していた。
恐らくもう腕の監視どころではないと思った二人は、フラッドが起こる現場に向かおうとする。

 

 

基地内には避難しようとする人々、応急処置を受ける者や自衛隊員、警官などたくさんの人間がまだいた。
そんな彼らの前に現れた大量のIBMたち。
「止まれぇ!」と制止する警官の言葉はIBMらには届かず。

 

目の前にいた警官を攻撃するIBM。
さらに近くにいた別の警官、自衛隊員も攻撃。
おびただしい数の黒い幽霊が周囲を埋め尽くしていき、基地内は恐怖とパニックに陥った。

 

やつらは止まらない

オグラ博士!
フラッドが起きたから、そろそろ再登場するんじゃないかなと思ってましたよ。
やっぱりまだ近くにいた。

 

11巻で「俺としては見てみたい。君(永井圭)のフラッドを」って言ってましたもんね。
その永井圭と思われるフラッド現象が確認できて、オグラ博士も「凄ぇな」と驚く。
どこか嬉しそうだよ、博士。

 

きっと間近で見たいと思うはず。
入間基地に来るでしょうね。
オグラ博士が来たら、色々と解説してくれるでしょう。
フラッドに関してわからないことだらけなので、教えてくださいな博士。

 

 

入間基地。
佐藤が70話で起こした爆発によって、動けなくなっている地下の対亜。
目の前の道が塞がり、別の出口を探すとのこと。
対亜!対亜の復活を待ってる!
泉と田中、攻と秋山のそれぞれの二組もフラッドを目撃。

 

そして、ついに恐れていたことが…。
基地内には、まだ避難を続けている人々や自衛隊員や警官、たくさんの人間が残っていました。
そんな彼らの前に、フラッドで作り出された大量のIBMが現れた。

 

(桜井画門『亜人』74話)

 

止まれと言う警官の言葉は届かず。
その場にいた警官や自衛隊員は殺害されてしまう。
ああぁぁやっぱりこうなるのか…。

 

フラッドで作り出されたIBMは、発現の発端となったシンプルな感情に従い、行動し続ける。
まさに氾濫状態、コントロールは効かない。
前にオグラ博士が言っていた説明です。

 

佐藤にカイを撃たれたことで、フラッドを起こす発端となった圭の感情は殺意だったはず。
殺意をもったIBMがこれだけたくさんいて、しかも基地内にまだ人間もたくさん残っていたら、巻き添えを食らう者も出てくる。
なかなか大変な事態になってきましたね。

 

ヤ、ヤバイよ…。
このまま逃げようとする佐藤も追わにゃいかんし、フラッドで作り出されたIBMの暴走も止めにゃいかんし…。
手がいくつあっても足りない。
どうやって佐藤とIBMを止めるのか。

 

まとめ

うん…感想が短い。
だって本誌が短いから。
ほら、アレだ。きっと来月以降でまた怒濤の展開が来るから、そのスケジュールの調整で今月は短いんだよ。
色々あるんだよ。

 

さぁ、逃げようとする佐藤を倒して、さらに暴走するIBMをどうやって食い止めるのか。
圭一人では当然難しい。
散り散りになった仲間が集まって、あと地下の対亜が復活してくれれば。
対亜が活躍するところが見たい。
あと、北狐と山荒と蝦夷鹿と穴熊と、残り一人のコードネームもぜひお願いします。

 

 

ほかには亜人に関して詳しいオグラ博士が合流したら、何か有益なアドバイスがもらえるかも。
フラッドで作り出されたIBMの性質とか弱点とか。
あと、なりかけになったカイも、もしかしたら何かカギになるかも。
亜人になってIBMが出せるようになるとか。

 

そういえば、まだ入間基地に到着していない真鍋。
カイより先に基地に来るかなと思ってたけど、まだ現れませんねぇ。
真鍋も何かカギになるのかな。

 

佐藤を倒すだけでも大変なのに、フラッドが起きて殺意をもったIBMがウジャウジャ作り出されて、いやぁなかなか厳しい状況。
IBMが警官たちに襲い掛かって基地内がパニックになっていくところを見ていると、ゾンビ映画を観ている気分になってくる。
ここからどうやって佐藤を倒して、IBMの暴走を止めるのか。
アニメや映画と違う展開なんで、どんな風に決着がつくのかまったく予想できないよ。

スポンサーリンク
亜人本誌
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あの漫画のここが気になる!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました