【アニメヴィンランド・サガ17話感想】主人公の「そいつに手を出すな!」に対するヒロイン枠は仇讐のハゲ

ヴィンランド・サガ

(c)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

 

トルケルから逃げるため進軍していた一行だが、クヌート王子を手土産にトルケル軍に入ろうと考えたトルグリムたちは、ついに謀反を起こした。アシェラッドを取り囲み、クヌートを引き渡すよう交渉するが…そして騒動の中、ついにトルケルが到着する。

(アニメ公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

西の大海のはるか彼方、妖精たちの住まう常春の島アヴァロン。
偉大なる祖アルトリウス公は彼の地で戦の傷を癒している。
傷が癒えれば、アルトリウス公は人々を苦しみから救うために戻ってくる。
その時が来たら、真(まこと)の王であるアルトリウス公の知恵となり、剣となって仕えよ。

 

という言葉をアシェラッドの母であるリディアは、幼いアシェラッドに言って聞かせていたんですね。
自らが王と認めた主に仕えよというアシェラッドの考えは、幼いころに母に言われた言葉からきていたんでしょう。
いつか楽園で傷を癒した英雄が戻ってきて、この苦しみから解放してくれる…そんな風に伝説を信じ続けるリディアの姿は、理想郷ヴィンランドに想いを馳せるトールズやトルフィンの姿に少し似ていると思いましたね。

 

 

今回は見どころが色々ありすぎる!
原作でもこの辺りの怒涛の展開は盛り上がってテンション上がるので、アニメで観ていてもワクワクしてくるよ!
裏切った部下たちを相手に一人で戦うアシェラッドや、トルケルに喧嘩を売るトルフィン、ついにあのキノコを食べたビョルンとか。
ビョルンのこのときの表情いいよ、今回はそれぞれの登場人物が魅力的でカッコいい。

 

(c)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

 

で、はじめのアシェラッドの「十数年一緒にやってきて、ぶっちゃけさぁ…お前らのこと心底嫌いだったんだわ」発言( ;∀;)
十数年一緒に仕事をしてきた相手にコレ言われたら凹むよ、泣けてくるよ!!
もうちょいオブラートに包んでよ、「お前らのことちょっとだけ苦手かなと思ったりしたこともあったわ」とかさぁ!
これを聞いていたビョルンはどんな気持ちだったんだろう。

 

その後、内部分裂して戦闘を始めたアシェラッド兵団を遠目に見て、「実にけしからん!オレ様抜きで喧嘩を始めるとは!」って怒るトルケル。
この台詞好きです。お茶目っすわ、大将。
今回はシリアスな怒涛の展開なのに、ちょいちょい笑える場面が入ってて面白い。

 

 

あと、クヌートを乗せたソリを走らせて追手から逃げるビョルンとトルフィン。
アトリの説得にも応じず、「アシェラッドはオレを信じて王子を預けた。そのオレから王子を奪うなら死ぬ気で来い!腰抜けども!」って威勢のいい台詞を言ったあとで、「あ!いや、だから!直接オレに来いって言ってんの!馬はやめろ馬は!」って焦るビョルン。
追手から逃げてる緊張感ある場面でこの台詞はお茶目だ。

 

そこから馬が攻撃されてソリが横転して、その勢いでアトリに飛び蹴りして馬を奪うトルフィン。
アトリの「ヘグ」っていう声がw
見事な華麗なる飛び蹴りを食らわすトルフィン!
アニメでこのトルフィンの軽々とした動き、敏捷性が感じられていいよね。

 

下敷きになったソリを持ち上げ、ついに狂戦士のキノコを食べたビョルン。
「まとめて来いや、団体であの世(ヴァルハラ)まで案内するぜ!」の台詞カッコいい。
来たよ!スーパーキノコを食べたスーパービョルンが見られるよ。
ビョルンの台詞やトルフィンの動きがカッコいいとか、今回の話はほんとに色々見どころがあって目が離せない。

 

 

そして、裏切った部下50人を相手に一人で戦うアシェラッド。
いやぁアシェラッド強いっすわ、さすがヴァイキングの首領だよ。
兜ごと一刀両断に斬り捨てるとかすごくない?
攻撃力とかスピードとか知力とか、戦闘力がどんな感じなのか気になる。
アシェラッドはそれぞれのパラメーターが高そう、オールラウンダーできっと万能。
ただし運の値は低め。

 

トルケル軍がとうとう追いつき、トルグリムらはアシェラッドを捕まえるどころじゃなくなってしまう。
あぁ…ト、トルグリムー!トルケルに凄まれて放心状態になってしまって、ちょい不憫。
そんな戦闘の場に現れたのは我らが主人公トルフィン!
「アシェラッドに手を出すな!指一本でもそいつに触れたら殺すぞ!」

 

(c)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

 

ッ( ゚Д゚)!?
トルフィン、その台詞はピンチに駆け付けた主人公がヒロインを助けるときに使う台詞だ。
君が助けようとしているヒロインは、父の仇である悪党のハゲのおっさんだぞ。
原作で初めてこの台詞を見たときに「ファッ!?」ってなったのを覚えています。
まさかヒロイン枠が麗しのクヌート殿下じゃなくて、鬼畜悪党のハゲだと誰が思うでしょうか。

 

結構カオスなトルフィンの発言。
なのにそんなこと気にならなくなるくらい、この後のトルケルとの決闘が盛り上がるしテンション上がる!
はー、思いつく限りの感想を書き続けたらよくわからんことになった。
見どころが多すぎて感想が上手くまとまらないよ。

 

今回の『あにまるらんど・さが』はソリからぽ~ん!
トルフィンとクヌートが雪の上をゴロゴロ…。
どっちも白い雪だるまみたいになってる。
そしてよく見たら、ヴィリバルド神父も樽からぽ~んで雪に頭から突っ込んでるよ。
し、神父…大丈夫か?

 

アニメの感想をまとめたページはこちら。
アニメ『ヴィンランド・サガ』の感想まとめ

スポンサーリンク
ヴィンランド・サガ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あの漫画のここが気になる!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました