亜人68話のネタバレ感想【もおぉぉ飽きるの早すぎィ!!】

亜人

(good!アフタヌーン 2019年6号)

 

どうも、くろやんです。
単行本14巻の表紙は、もしや…念願の彼のIBMでしょうか。

 

亜人本誌のネタバレ感想を紹介します。
前回67話はこちらです。
亜人67話のネタバレ感想【ざわ…ざわ…】

 

 

FILE:68 破算

以下、15巻のネタバレを含みます。

 

スポンサーリンク

68話のあらすじ

奪取した佐藤の腕を穴に落とす。
穴で復活した佐藤は一切身動きが取れない状態となり、密閉空間に幽閉となるはずだったが…。

 

5分が過ぎても、佐藤は復活しない。
なぜ、佐藤は戻ってこない?
全員に焦りと緊張が生じる。

 

スマホやカーナビでニュースを確認するが、戦闘機がどこかに落ちたという情報もまだない。
佐藤は一体どこに行ったのか。

 

 

何か既視感を感じる圭。
今、佐藤の攻撃は何回目なのか。
ようやくあることに気付き、圭は「あの野郎ォォ!!」と怒号を飛ばす。

 

佐藤は飽きたのだった。
連続攻撃を行い、同じことを繰り返すうちに飽きていたらしい。
佐藤らしい考えに、あっけにとられる圭達。

 

佐藤がどこに行くのか、何をするのか、何もわからない。
うなだれる圭の前に、戦闘機が帰還する。
操縦席には「永井くーん」と、笑顔で手を上げる佐藤の姿があった。

 

飽きちゃった

もぉおぉ!佐藤さんんn…!
ここまで色々やって、『飽きちゃった』で急に戦闘機での突撃を止めたって…飽きるの早すぎいぃ…

 

そうだよなぁ、あの佐藤さんだし。
7巻で「3人くらいにしとけばよかったなぁ」「飽きちゃった」って言ってた佐藤さんですもん。
あの時の暗殺も、5人目ぐらいで飽きてましたね。

 

今回の攻撃も、5回目か6回目だったようです。
だいたいこのぐらい同じことを繰り返すと、佐藤さんは飽きるようです。
飽き性なんですね、佐藤さん。

 

 

戦闘機で突っ込む一番最初のときは、あんなに楽しそうでウキウキしてたのに。
離陸するちょっと前、見送りに来てた高橋とゲンに、笑顔でグーサインする場面があるんですよ。

 

佐藤さんも、最初はすごい楽しみでワクワクしてたんです。
それが何回も繰り返すうちに飽きてきて、高橋に「今、何回目の攻撃だっけ?」って言うんですね。
65話のとき。

 

この時の佐藤さん。
心なしかテンション下がってない?
最初の頃のワクワクしてた高揚感と笑顔はどこ行った?
背中に『もう飽きた』って文字が見えてきそう。

 

 

丁度このタイミングで「もう突っ込むの止ーめた!」ってなって、出発したのに急に進路変更して、入間基地に帰って来ました。
なんてタイミングだ…。

 

今までの圭達の作戦の努力が一瞬で無になったよ。
しかもそれが、『飽きちゃった』っていう理由で。
やっぱり遊び人で飽き性な佐藤さん。
最終ウェーブでも、どんな場面でも、飽きればすぐにほっぽり出すよ!

 

そのスピードには誰もついて行けない

5回目か6回目で飽きて、戦闘機で突っ込むのを止めた佐藤。
佐藤は今、何をしてるのか。
どこに行ったのか。

 

皆目見当がつかない中、なんと佐藤が帰って来た!
戦闘機に乗ったまま、しかもめっちゃ笑顔で!

 

(桜井画門『亜人』68話)

 

「永井くーん」って、そんな軽いノリで!
ちょっとぉ!
皆あっけにとられたり怒ったりしてたのに、そんな笑顔で普通に帰って来て!
そんな佐藤さんを見た永井くんの表情。
もう既に疲れ切ってるような…。

 

(桜井画門『亜人』68話)

 

「誰もあなたのスピードにはついて行けませんよ…佐藤さん…」

 

そのスピードには誰もついて行けない。
キャッチコピーでありそう。
音速の亜人、佐藤。

 

これどうなるんだろう?
佐藤さん、普通に戦闘機で帰って来たから、圭達は作戦どうこう考える時間もない状態。
これはもう…ごり押しか…ごり押ししかないか。

 

いや、対亜がいる!
戦闘のプロの彼らがいる!
それに数では圭達の方が有利。
数では…ね。

 

それに現在、入間基地に向かっている真鍋や海斗もいますし。
佐藤には無くて、圭達にはあるものが何かあるはず。

 

まとめ

『佐藤さん、最終ウェーブでもまた飽きちゃった!?』
新聞の見出しになりそう。
周囲をめっちゃ振り回す台風みたいな人ですね。
リーダーになっちゃ駄目なタイプ。
何だかんだ言って、佐藤さんは個人プレイが一番いいと思う。

 

あんなに圭達が対亜とも協力して進めた作戦が、すべてパア。
ひ、ひどい…。
前回の「うおぉぉタイムリミットギリギリで間に合った!!よっしゃあ!」の感動を無にしてくれたね。

 

というか、佐藤さん。
飽きちゃって戦闘機で突っ込まずに普通に帰って来たから、作戦がパアになって皆もう激おこですよ。
ぷんぷんですよ。
振り回され慣れていた田中は、一人「ふっ」って笑ってたけど。

 

 

それにしても、最後の「永井くーん」って言いながら笑顔で帰って来る佐藤さん。
相変わらずノリが軽いなぁ。
ほのぼのする笑顔で帰って来たよ。

 

これからラスボスとの戦闘と思えない、カオスな空気であっけにとられて終わった今回の68話。
ど、どうなるん…これ。
カオスや…。
対亜が合流して全員でかかれば、佐藤でも隙が生じるのか?

 

続きはこちら。
亜人69話のネタバレ感想【高木と杉村とDio】